TOP > 政治・経済 > 日本農業新聞 - 主産地20年産米 概算金600~1000円下げ 需要対応、計画販売が鍵

日本農業新聞 - 主産地20年産米 概算金600~1000円下げ 需要対応、計画販売が鍵

4コメント 2020-09-19 07:39  日本農業新聞

日本農業新聞は、国内唯一の日刊農業専門紙です。農政や農家の営農に役立つ技術情報、流通・市況情報に加え、消費者の関心も高い食の安全・安心、農産物直売所、地産地消、食農教育なども取り上げます。国民の暮らし...

ツイッターのコメント(4)

最近、小麦粉の商品棚が削られて、代わりに🥞米粉系が並ぶようになった気がするけど、
去年の古米在庫もまだまだ残ってるよね🤔…
「需給緩和の傾向を踏まえ、6年ぶりの下げとなる。今後は、新型コロナウイルス禍による需要変化への対応や、米価の大幅下落を避けるための計画的な販売が鍵となる」/主産地20年産米 概算金600~1000円下げ 需要対応、計画販売が鍵(日本農業新聞)
米の需要減ってるなら小麦を作ればいいじゃない。
って、そんな単純な話じゃないんだろな。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR