TOP > 政治・経済 > 日本農業新聞 - 桃、スモモ加害 外来カミキリ防除屋外実証 被害拡大、確立急ぐ 和歌山県

日本農業新聞 - 桃、スモモ加害 外来カミキリ防除屋外実証 被害拡大、確立急ぐ 和歌山県

6コメント 2020-09-13 08:14  日本農業新聞

日本農業新聞は、国内唯一の日刊農業専門紙です。農政や農家の営農に役立つ技術情報、流通・市況情報に加え、消費者の関心も高い食の安全・安心、農産物直売所、地産地消、食農教育なども取り上げます。国民の暮らし...

ツイッターのコメント(6)

関東一円でも梅も桜も枯れてきていて、外来カミキリのせいにしようとアピール始めているけど遅すぎるよね。
和歌山県がクビアカツヤカミキリの対策に乗り出したようです
和歌山

早期捕殺や被害樹にネットを巻いて成虫の移動を防ぐ等の対策を行ってきたが、圃場等での薬剤防除の効果は不明な部分も多かった。かき・もも研究所「早急に実証を進めて、薬剤防除を普及したい」と話す。
コロナも害虫も学問も様式もオレらの生命を脅かすものは全て外来なんだよなぁ😣
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR