TOP > 政治・経済 > 日本農業新聞 - 埼玉・行田も子豚盗難 130頭、3県合わせ820超

日本農業新聞 - 埼玉・行田も子豚盗難 130頭、3県合わせ820超

8コメント 2020-09-12 07:57  日本農業新聞

日本農業新聞は、国内唯一の日刊農業専門紙です。農政や農家の営農に役立つ技術情報、流通・市況情報に加え、消費者の関心も高い食の安全・安心、農産物直売所、地産地消、食農教育なども取り上げます。国民の暮らし...

ツイッターのコメント(8)

梨も盗まれてるし、早く捕まってほしいのう😭
@RyuichiYoneyama 窃盗は日本人でも外国人でもは分かるのですが、ここ最近で盗難が集中しているのは驚きです。日本農業新聞さんによりますと823頭豚が東京界隈で盗まれ、内臓が路上に落ちているなんて例も。なので逆に大規模な屠殺や保存が必要という考え方は偏りすぎでは?
2020年09月12日

>群馬 山林に内臓捨てる?
>肥育前の子豚は生きたまま大量に、出荷前の肉豚は少数をその場で処分して盗む──。

>(中略)被害豚舎の近くの山林では豚のものとみられる内臓が入ったごみ袋も見つかっており、警察が事件との関連を調べている。
何をやっているの?
警察は・・・
食用豚肉販売目的の組織的な犯罪グループ
という構図が見えてきたようで
1人1人は穏やかな人達でも
組織犯罪や非合法マフィア化するのはヤバい・・・
研修先から逃げ出した労働者の受け入れ先になってたりして
@Luna_de_BCN このグループかな?
日本農業新聞9/12:埼玉県行田市の養豚場から子豚約130頭(時価325万円相当)が盗まれていることに経営者らが気付き、10日、県警行田署に被害を届け出た。現場は豚の盗難が相次いで発生した群馬県と隣接しており、同一犯の可能性もある。→
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR