TOP > 政治・経済 > 日本農業新聞 - 和牛遺伝子保護 初の条例 不正流通を防止 鳥取県10月施行へ

日本農業新聞 - 和牛遺伝子保護 初の条例 不正流通を防止 鳥取県10月施行へ

3コメント 2020-09-11 07:03  日本農業新聞

日本農業新聞は、国内唯一の日刊農業専門紙です。農政や農家の営農に役立つ技術情報、流通・市況情報に加え、消費者の関心も高い食の安全・安心、農産物直売所、地産地消、食農教育なども取り上げます。国民の暮らし...

ツイッターのコメント(3)

鳥取県は11日、和牛遺伝資源保護や和牛振興を目的とした全国初の条例案を県議会に提出する。県有種雄牛の遺伝資源を「知的財産」に位置付けると条例に明記、可決されれば同日に公布・施行する。
日本農業新聞9/11:鳥取県は11日、和牛遺伝資源保護や和牛振興を目的とした全国初の条例案を県議会に提出する。県有種雄牛の遺伝資源を「知的財産」に位置付けると条例に明記し、精液や受精卵など遺伝資源の不正な県外流出を防ぐ狙い。10月8日の本会議で議決される…→
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR