TOP > 政治・経済 > 日本農業新聞 - 日英チーズで攻防 貿易交渉 日本、輸入枠認めず

日本農業新聞 - 日英チーズで攻防 貿易交渉 日本、輸入枠認めず

20コメント 2020-08-12 07:13  日本農業新聞

日本農業新聞は、国内唯一の日刊農業専門紙です。農政や農家の営農に役立つ技術情報、流通・市況情報に加え、消費者の関心も高い食の安全・安心、農産物直売所、地産地消、食農教育なども取り上げます。国民の暮らし...

ツイッターのコメント(20)

イギリスにも農協族みたいな政治家がいて、外国相手に自国の生産物を無理筋で押し付ければ国内評価になるようなところがあるんだな。 とは言え…(´ε`;) 対日本でスティルトンは無理筋過ぎ。
無理筋過ぎて潰れたんだけどさ。 →
ありゃ、見落としとった。
まだ、大枠合意でなかったか。
個人的に、シンガポール協定で星国産金魚の輸入関税撤廃に日本側が抵抗した事を想起した。
(日星協定の金魚は後に段階的に撤廃された様だが)
もうちょっと踏み込んだ記事を発見。EU協定と同じレベルのディールを、と言う話だと思っていたら、なんとEUから輸入しきれない分をイギリスにまわせっていう、なかなかごり押しの話のようです。トラス強いわー。
「日本が欧州連合(EU)との経済連携協定(EPA)で設けたチーズの輸入枠が消化しきれていないことに着目し、余剰分を英国に回すことなどを求めているとみられる」/ 日本、輸入枠認めず(日本農業新聞)
ブルーチーズ(青カビが生えているのが特徴)を巡る攻防戦との事だが、普通にクセが強いと聞いてて新しく枠を設けても需要増すか怪しいんじゃないかと。
@uncop4500 @monoya_dm 100g当たり700円程度が相場、と。。
「19年度の輸入枠は、英国分を含む上限2万600トン。これに対し、消化率は58%だったため、英国側は日本に受け入れの余地があるとみている」「日本が英国に優遇措置を取れば、日米貿易協定など他の協定に影響する」
スティルトン!!! いちばん好きなチーズ! 輸入枠認めてくれ~!/
“英紙フィナンシャルタイムズ電子版は10日、日英交渉がチーズを巡って難航していると報道。英国側には、日英協定が日欧EPAを上回る内容になったと示すため、チーズでの優遇措置の獲得を象徴にしたい期待があるなどと報じている”
これ、チーズと言ってもブールチーズ。
どうもイギリスの大臣、日本で関税なくなればイギリス製が爆売れすると確信している様だが……。
日本の納豆を売ってイギリスでブームになる確率とほとんど変わらないと思う。⇒
@kanon_ayuayu 英国的には主にブルーチーズを輸出したい様ですよ…。
スティルトン、おいしいのにみんな知らないのか!
「日本のチーズ関税の闇」については、漫画『もやしもん』に記述があったはず。

日本農業新聞 -
@KunisueNorito 朝日新聞ヨーロッパ総局長が世界三大チーズすら知らんだけでも恥ずかしいのに、ロック・フォールに劣ると言わんばかりの書きぶり…
食品分野で一番の有望株ですわ、無知蒙昧にも程があるし、別に交渉が決裂した訳ではないので外交筋の解説としても誤り
他紙で勉強されるべき
日本のチーズは変な利権が絡んでるとか、そのせいで乳牛農家がチーズ作ろうとすると、一度出荷したのを買い取らないといけないというのを聞いたので、本当ならそこを是正して国産チーズやりやすくしてあげて欲しい。
チーズ……
ぶっちゃけ、完全が無くなったところで、そう簡単に日本のチーズ消費が増えるとも思えないのだが……
ブルーチーズがそんなに重要な利益なのか大英帝国。
日本農業新聞 -
@suisenteikyohji 噂をすれば→日本農業新聞8/12: →
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR