TOP > 政治・経済 > 日本農業新聞 - 日照不足 野菜4割高 東日本中心 果菜類で顕著

日本農業新聞 - 日照不足 野菜4割高 東日本中心 果菜類で顕著

日本農業新聞は、国内唯一の日刊農業専門紙です。農政や農家の営農に役立つ技術情報、流通・市況情報に加え、消費者の関心も高い食の安全・安心、農産物直売所、地産地消、食農教育なども取り上げます。国民の暮らしに直結するTPP問題も徹底報道中。...

ツイッターのコメント(11)

@jijicom 農作物の価格が高騰してるけど今後どうなるかね
これか
八月が恐ろしくなりそうですわね・・・
家庭菜園で作ったつるむらさきと空芯菜ときゅうりが無限に取れるから全然野菜買ってねぇや、勝利!
春頃に玉ねぎを棄ててキャベツを棄てて白菜を棄てて大根を棄ててその後に人参の種播きをしなかったからよな。
野菜価格、上がっているようです🍆

確かに、雨の日ばかりで、まだ梅雨明けず…

日照不足になるわけだ☔️

日本農業新聞 -
「品薄高が顕著なのは、果菜類。下旬の日農平均価格は、ナスが1キロ479円と平年の62%高、キュウリも1キロ363円と53%高。ともに、既に品薄基調だった中旬から10~20%上昇した」/ 野菜4割高 東日本中心 果菜類で顕著(日本農業新聞)
この際、オーガニックや自然栽培に変更してみたら?
関東圏で野菜が高いのは日照不足のせいなのか🧐
4連休明けの27日、野菜取引は仕入れ意欲が収まり高値疲れも出たが、梅雨明けの遅れによる品薄から相場は高止まりとなった。関東以北が主産地の果菜類などで品薄 ...
日本農業新聞
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR