TOP > 政治・経済 > 日本農業新聞 - [新型コロナ] コロナ禍で在宅 野菜苗、貸農園、書籍が好調 家庭菜園都市部でブーム?!

日本農業新聞 - [新型コロナ] コロナ禍で在宅 野菜苗、貸農園、書籍が好調 家庭菜園都市部でブーム?!

日本農業新聞は、国内唯一の日刊農業専門紙です。農政や農家の営農に役立つ技術情報、流通・市況情報に加え、消費者の関心も高い食の安全・安心、農産物直売所、地産地消、食農教育なども取り上げます。国民の暮らしに直結するTPP問題も徹底報道中。...

ツイッターのコメント(11)

お~、なんか、やっぱり、家庭菜園する人増えたんかな。

関係商品が、いろいろ売れてるっぽい。
コロナで売上が伸びてる分野だと思います。
健康にもいい。
家庭菜園ビジネスはコロナ禍で好調。暇になったら家庭菜園、園芸が伸びるという見立ては間違いなさそうです😎

日本農業新聞: 家庭菜園都市部でブーム?!.
"農家らは「農業への理解につながる」と歓迎している。"
キュウリ、トマト、オクラに大葉、さらにひまわり www
我が家がまさにはまってます
毎日の水やりが楽しくて(笑)
5月まで、人と会わず、🌱植物と向き合う時間があったと思う。今の状態が正直しんどい。人に会うのは、自分にとってはかなりのストレス。だから植物を育てるののかな。
ウチは都市部ではないけどw、確かに近所のコメリ最近結構混んでたな〜
安易には勧められないが、失業者は農業も視野に。北海道等での農地売却を食い止めるためにも、新規の方に支援をしてあげてはどうでしょう。消費者も、国産にシフトして欲しい。
田舎の不動産価格が上昇しているという噂もあるような...ないような
バジル、トマト(ミニ)、スナップエンドウ、サツマイモが手軽。
住宅街でも意外と害虫が来るのでネット等が必要になるが上記は特になくてもOK
バジル、トマト、サツマイモは挿し木で株分けすれば高コスパ。安い苗で十分楽しめる。

コロナ禍で家庭菜園都市部でブーム
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR