TOP > 政治・経済 > 日本農業新聞 - 中国 新たな害虫 ツマジロクサヨトウサバクトビバッタ 脅威 防除特化 初の条例

日本農業新聞 - 中国 新たな害虫 ツマジロクサヨトウサバクトビバッタ 脅威 防除特化 初の条例

日本農業新聞は、国内唯一の日刊農業専門紙です。農政や農家の営農に役立つ技術情報、流通・市況情報に加え、消費者の関心も高い食の安全・安心、農産物直売所、地産地消、食農教育なども取り上げます。国民の暮らしに直結するTPP問題も徹底報道中。...

ツイッターのコメント(15)

ツマジロクサヨトウ サバクトビバッタ 脅威 防除特化 初の条例

演習やってるんだ( ゚д゚)!良かった
ツマジロクサヨトウ サバクトビバッタ 脅威 防除特化 初の条例
2020年04月26日
@kohyu1952 @YAPONLUQ 中国語がわからない西村さんにも読めるように、日本語のソースを持ってきました。4月26日の時点で「監視体制強化」とあるのですが、2月の時点で新疆に入っていたのではないのですか?まさか動画の字幕を鵜呑みにしたのではないですよね。
次の災厄は恐らくこれだろう。
これが襲ったら中国はいよいよカウントダウンかも知れない。
食糧問題が本格化すると、今度は人間が国境を越えて襲う恐れがある。
日本農業新聞の4/26の記事。
食糧関係のニュースにも関心をもとう_φ(・_・

インド・パキスタンと中国の距離がぴんとこなかった。地図見て震えた。
>中国では2018年12月、南部の雲南省経由でツマジロクサヨトウが侵入。19年10月には、東北3省や西北の青海省、西部の新疆ウイグル自治区を除く、26省区の1538県に拡大。
・既に日本にも侵入 (昨年末までに21府県で確認)
 
・春に成長速度が増し、約1カ月で一世代の繁殖

・1世代で500km、1晩で最大100km移動が可能

・世界規模で短期間での生息域の拡大が凄まじい

・日本に迫る虫の脅威としては、
 が圧倒的に勝ります
真っ当に報道されているのは日本農業新聞だけ。日本のマスコミは本当に死んでいる。
# #条例 #5月1日より
中国 新たな害虫 ツマジロクサヨトウサバクトビバッタ 脅威 防除特化 初の条例
バッタのニュースはなかなか見つからんなー
いくつか見たけどまだアジアには来てなさそう。
ほんま日本自然災害は多いけど島国なのはラッキーだよな…
侵入想定、とあるな。基本的には侵入の可能性は低く、中国は食糧輸入先での被害防止を想定している、という見解だったはずだが。
日本農業新聞 -
バッタ被害中国上陸か
いよいよ飢餓問題が近づいてくる?
のみんな。
中国が害虫対策の強化で初の条例を制定し、費用を投じて害虫観測点を設ける、という記事だよ。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR