TOP > 政治・経済 > 日本農業新聞 - コロナ禍の観光・飲食業 農家が人材受け入れ JAや行政が就労を仲介

日本農業新聞 - コロナ禍の観光・飲食業 農家が人材受け入れ JAや行政が就労を仲介

日本農業新聞は、国内唯一の日刊農業専門紙です。農政や農家の営農に役立つ技術情報、流通・市況情報に加え、消費者の関心も高い食の安全・安心、農産物直売所、地産地消、食農教育なども取り上げます。国民の暮らしに直結するTPP問題も徹底報道中。...

ツイッターのコメント(37)

長野県軽井沢町ほか🌱

引用
これはどんどんやってほしい
いろんな意味ですごい
海外からの実習生という名の奴隷が入ってこないってのがあるんだろうけど、JAが就労を仲介するのはいいけど、ちゃんと人件費を払ってあげて欲しいわ。
こういうところにどんどん人材転用するべきやね
こういう取り組み早くからやってるの
素晴らしいと思う 人手不足だと思うところは
早急にやるべき
いい流れだ
業種によっては一時転職というのもやむを得ない選択なのではないか。
実習生と言う名目の奴隷が居ないので無職を買い叩きたい意思を感じる
銀座高級クラブのママさんと従業員は転職先が見つかって良かったねえ
川上村のレタス農家の悪行っぷりに代表されるように、長野の農家は外国人実習生がいないと成り立たないからなあ。日本人を雇ってうまくいくのだろうか。
国内労働力の構成が変わる
コロナ無職を農家が受け入れへ 来日できない中国人技能実習生のかわりに 農家「労働力が増えるのはありがたい」 長野
とんでもないブラックな匂い。今まで都会的なスッチーとかホテルマンやってた奴らが泥臭い田植えとか無理だろw
これ最も大事、ピンチはチャンス。
農家の人出、後継不足は国内で補う。
新しい人生を切り開けるかもね😉
「コロナ禍の観光・飲食業を JAや行政が就労を仲介」
ニュー速+のスレタイが「コロナ無職を農家が受け入れへ 来日できない中国人技能実習生のかわりに」でエグみ強かった。
外国人奴隷の穴埋めとしか思えん……
まあちゃんとしてればいいと思うがね
仕事がないって人はここに行けばいいじゃん。
JA佐久浅間と星野リゾートが「雇用条件面や希望人数などを協議中」と。来日できない中国人技能実習生のかわりとのことだが、どんな条件で働くことになるのだろうか?>
▶︎ 農業の人手不足が深刻化する中、新型コロナウイルスの影響で営業を縮小する観光業や飲食サービス業などから農業分野に労働力を回す取り組みが始まっている。◀︎
コロナ禍の観光・飲食業・
多くの人が職を失なおうとしてる今なぜ外国人入れようとする?ほんまボケなすやわ。客商売廃業しても転職して何とか食って行ける日本にしとけや💢
技能実習生のカバーとのことですが、冬場がどうなるのかちょっと心配です。
「観光・飲食」⇔「農業」の人材シェアって静岡でもできないかな・・・
当然ながら外国人も入ります。
日本でも外国人研修生の入国規制で農業現場の人手不足は深刻。これに対し観光業や飲食業から農業に労働力を回す取り組み。政府の対策予算も講じられたが自治体と農家の知恵と行動力が支えだと思う。
行政で動いている所もあるようだ🤔
宮城のJAや行政も早く行動してくれ
色々な業界が大変なんだよ!
国の農業政策に関して、自給率の見直しはするべきなんだよね。もちろん集約・効率化にも知恵を絞りながら。補助金垂れ流しの非効率型ではダメ。言うほど簡単では無いのは分かってるけど。
なるほどねぇ。
>長野県のJA佐久浅間は、地元の軽井沢旅館組合と協力し人材のマッチングを始める。
>
農業現場では労働力が足りなくてマッチングの需要は多そうですが、人の移動が制限されている中ではなかなか厳しそうですね…
《長野県のJA佐久浅間は、地元の軽井沢旅館組合と協力し人材のマッチングを始める。青森県は、観光や飲食業から労働力を農業分野に回す人材マッチング事業を始めた》|日本農業新聞:
日本農業新聞4/12:農業の人手不足が深刻化する中、新型コロナウイルスの影響で営業を縮小する観光業や飲食サービス業などから農業分野に労働力を回す取り組みが始まっている。観光業などは訪日外国人の減少に外出自粛も加わって経営が厳しく、従業員の雇用継続が難しい。→
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR