TOP > 政治・経済 > 日本農業新聞 - 食肉相場が最安水準 増税、暖冬、新型肺炎…三重苦 販売低迷長期化も

日本農業新聞 - 食肉相場が最安水準 増税、暖冬、新型肺炎…三重苦 販売低迷長期化も

日本農業新聞は、国内唯一の日刊農業専門紙です。農政や農家の営農に役立つ技術情報、流通・市況情報に加え、消費者の関心も高い食の安全・安心、農産物直売所、地産地消、食農教育なども取り上げます。国民の暮らしに直結するTPP問題も徹底報道中。...

ツイッターのコメント(18)

豚入押します
ニンニクマシマシいたしません!
まじやばいこの低迷…BSEとか口蹄疫の時思い出す…みんなくそ高いけど国産牛食べてくれ…美味しいから…!ちょっとだけ…!先っぽだけでいいから…!!
おにくどんどん買ってください。めっちゃ安いです。
農畜水産品で今相場が例年より高いものってあるのかよくわからなくなる…
全く景気のよい話を聞かないのですが。
食肉が安いらしい、外食やインバウンドの冷え込みが理由。 給食はさいきんそもそも 牛肉なんぞ使わないからねぇ。 あんまり関係はなさそう。
@IzWBwcxbeupPlJT 食肉相場がコロナ騒ぎで崩れてて更に今週末で崩れているんですよ

飲み会が軒並みキャンセルされてますし
肉の相場がダダ下がりだね。。
昨日スーパー行ったら、むしろ売り切れで棚がスカスカだったのに。。スーパーも仕入れ控えてるのもあるけど、家で料理する機会が増えてるんじゃないかなぁとも思う。
今日、スーパーに買い物行ったら国産豚肉が米産よりも安かったのはこれか。
糖質制限で豚肉や合挽きミンチをよく使うんで、うちはこれはありがたい
>東京食肉市場の和牛枝肉の2月の加重平均価格(A4、27日まで)は1キロ当たり2136円で、前年比15%安
安い(ヽ´ω`)
休校で給食無くなり豚肉相場急落とのツイートが流れているが、要因は単一ではなく、2020/2/28日本農業新聞(電子版)によると「暖冬による鍋物を中心とした販売不振に加え、増税や新型コロナウイルスの影響による消費の冷え込み」で食肉相場は牛、豚ともに過去5年の最安水準
チリ紙を買うそのお金で、国産お肉を食べてよく寝てくだしあ。
「暖冬による鍋物を中心とした販売不振に加え、増税や新型コロナウイルスの影響による消費の冷え込みが重なった。影響は長期化する恐れも」/ 販売低迷長期化も(日本農業新聞)
和牛は5等級は堅調、3~4等級は下げ幅大きいとか。
外食の冷え込みの影響がー🔥
日本農業新聞2/28:食肉相場が牛、豚ともに過去5年の最安水準で低迷している。暖冬による鍋物を中心とした販売不振に加え、増税や新型コロナウイルスの影響による消費の冷え込みが重なった。影響は長期化する恐れもあり、「インバウンド(訪日外国人)の減少や…→
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR