TOP > 政治・経済 > 日本農業新聞 - 新型肺炎の混乱長期化 中国産輸入が激減 国産で代替の動き 2月第2週

日本農業新聞 - 新型肺炎の混乱長期化 中国産輸入が激減 国産で代替の動き 2月第2週

日本農業新聞は、国内唯一の日刊農業専門紙です。農政や農家の営農に役立つ技術情報、流通・市況情報に加え、消費者の関心も高い食の安全・安心、農産物直売所、地産地消、食農教育なども取り上げます。国民の暮らしに直結するTPP問題も徹底報道中。...

ツイッターのコメント(11)

中国産の主な野菜は、
ネギ
にんにく
くらい?
あとは冷凍野菜、加工野菜。

平成30年4月の中央卸売市場のデータだけど、ネギは月間5%程度しか輸入してない。
そんな言うほど一般家庭で、ネギとにんにく使います?

冷静になろうね!

 国産で代替 の動き
昨日農家さんがこれから玉ねぎ爆上がりするぜヒャッホイ!って言ってたのはこれか!!
新型肺炎の混乱長期化 
今こそ国産野菜の出番だ!
暖冬で規格外で出荷されなかった野菜を国が買い取り
飲食店に供給これだ!
工業も農業も輸入ストップでこれから先大変な事になるぞよ?
普段「中国追い出せ」って気勢上げている国士様居るけどさ、今のご時世中国の輸入無ければ日本成り立たないんだよ(´д`;)
野菜価格上昇あるね
需要によるので農家にはありがたい展開
主力のタマネギ9割減 新型肺炎の混乱長期化
玉ねぎ 人参 ねぎ
こういう野菜も中国から来てたんだね😔
「一方、他の業者は『タマネギは国内の皮むき加工体制が不十分で、国産への切り替えは難しい』と話す」/ 2月第2週(日本農業新聞)
野菜のことね/
これは国産野菜の相場に影響あるかもしません…
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR