TOP > 政治・経済 > 日本農業新聞 - コロナ簡易検査キット メーカー開発着手

日本農業新聞 - コロナ簡易検査キット メーカー開発着手

日本農業新聞は、国内唯一の日刊農業専門紙です。農政や農家の営農に役立つ技術情報、流通・市況情報に加え、消費者の関心も高い食の安全・安心、農産物直売所、地産地消、食農教育なども取り上げます。国民の暮らしに直結するTPP問題も徹底報道中。...

ツイッターのコメント(10)

検査の量産体制、ここどうかな?
簡易キットは開発着手したばかりでそんなもんまだありません。CPR検査の感度も良くなってません。
検査キットの「開発」に着手(2月14日付け)

”化学メーカー「デンカ」の連結子会社、デンカ生研は13日、新型コロナウイルスの感染を一般の医療施設で迅速に診断できる簡易検査キットの開発に着手したと発表”
「デンカ」頑張ってー!!
今のパニックの要因の一つが検査に時間がかかること。この開発が進むことを願います。
がんばれ〜

日本農業新聞 -
「 メーカー開発着手」
化学メーカー「デンカ」の連結子会社、デンカ生研は13日、新型コロナウイルスの感染を一般の医療施設で迅速に診断できる簡易検査キットの開発に着手したと発表した。
日本農業新聞 2020年02月14日
デンカ生研さん頑張って!!!!
この国は何処まで馬鹿なのか 今から検査キット開発…もう既に海外でキットは出来ている
国産の必要などない
感染拡大した今必要な対策 それすら解らない現政権😡
日本農業新聞2/14:化学メーカー「デンカ」の連結子会社、デンカ生研は13日、新型コロナウイルスの感染を一般の医療施設で迅速に診断できる簡易検査キットの開発に着手したと発表した。現状は診断に専門機関で5時間~1日ほどかかる。→
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR