TOP > 政治・経済 > 日本農業新聞 - 沖縄で豚コレラ 8県目 感染経路特定急ぐ

日本農業新聞 - 沖縄で豚コレラ 8県目 感染経路特定急ぐ

15コメント 2020-01-09 07:21  日本農業新聞

日本農業新聞は、国内唯一の日刊農業専門紙です。農政や農家の営農に役立つ技術情報、流通・市況情報に加え、消費者の関心も高い食の安全・安心、農産物直売所、地産地消、食農教育なども取り上げます。国民の暮らし...

ツイッターのコメント(15)

沖縄のことを検索してたら今年1月に豚コレラ発生してた
放牧禁止は野生イノシシに感染させないための対策なのね


2020年01月09日
(2020年1月9日日本農業新聞)

詳しい分析は「約2週間後の全遺伝子解析を待つ必要がある」(農水省)
@cozytahara 本年1月6日に農場から感染報告を受け、1ヶ月弱で迅速対応。

尚、岐阜県の場合は対応まで約1年。

デマに加担する行為も の対象になります。

基地問題についても、
「反対派を装う」や「乗っ取る」
との文言は根拠が無く、訴訟の対象になり得ます。

以上
豚コレラ入ってきてたのか。ニュースみてなかった(汗
<日本農業新聞 - 2020/01/09

感染経路(餌となる非加熱の食品残さ?)やウィルスタイプ(速報だと岐阜のタイプに近似だが未確定)の推測他、さすが一般紙より詳しい
>発生農場で死亡する豚が出始めたのが昨年12月20日
>死亡するペースが加速し、農家は異常に気が付いた
日本農業新聞:  国の遺伝子検査でのウイルスの型は岐阜などで見つかったものと近かった。ただ解析は一部分で、侵入ルートは不明。詳しい分析は「約2週間後の全遺伝子解析を待つ必要がある」(同省)という。
8県目 感染経路特定急ぐ | 日本農業新聞

また、県は豚の飼料に使う食品残さを加熱するよう呼び掛けていたが、発生農場では非加熱で給餌していたという。
同県畜産課は「残さに含まれた肉の加熱が不十分でウイルスが生きていた可能性もある」と指摘した。
アグー豚の母豚もいる
食品残さを非加熱で利用
餌が原因か。非加熱の食品残渣を餌にしてる養豚場は殆どアウトになるな。
国内の感染豚肉が沖縄を感染させた可能性もありかな?
記事引用>
県は豚の飼料に使う食品残渣を加熱するよう呼びかけていたが、豚コレラ発生農場では非加熱で給餌していたと言う。同県畜産課は「残渣に含まれた肉の加熱が不十分でウイルスが生きていた可能性もある」と指摘
これはアカンでしょう。
「沖縄県は豚の飼料に使う食品残渣を加熱するよう呼びかけていたが、豚コレラ(CSF)発生農場では非加熱で給餌していたと言う。
沖縄県畜産家は「残渣に含まれた肉の加熱が不十分でウイルスが生きていた可能性もある」と指摘した。」
県は豚の飼料に使う食品残さを加熱するよう呼び掛けていたが、発生農場では非加熱で給餌していたという。
同県畜産課は「残さに含まれた肉の加熱が不十分でウイルスが生きていた可能性もある」と指摘した。」
これはいただけない。
アグー豚にまで影響が出てしまったとは・・・。
日本農業新聞1/9:農水省は8日、沖縄県うるま市の養豚場2戸でCSFが発生したと発表した。2018年に国内で26年ぶりに発生して以来、52、53例目で、本州以外では初。県は関連農場を含めた3農場の約1800頭を殺処分する。同県内で野生イノシシの感染は確認…→
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR