TOP > 政治・経済 > 日本農業新聞 - 農地減少 政府想定上回る 荒廃、転用2倍ペース 対策見直し必須

日本農業新聞 - 農地減少 政府想定上回る 荒廃、転用2倍ペース 対策見直し必須

13コメント 2019-12-14 08:00  日本農業新聞

日本農業新聞は、国内唯一の日刊農業専門紙です。農政や農家の営農に役立つ技術情報、流通・市況情報に加え、消費者の関心も高い食の安全・安心、農産物直売所、地産地消、食農教育なども取り上げます。国民の暮らし...

ツイッターのコメント(13)

✴️日本農業新聞 -

貿易協定等により日本の農地の減少は政府予想の2.5倍を上回っています、15年から19年で荒廃した農地は7万年5 7千ヘクタールも.
貿易協定含め政府政策の打算が農地減少が原因でしょう
日本はこの5年間で12万1000ヘクタールの農地が減少したようだ。私が管理する農地の4万倍以上が農地では無くなった。私だけではとても解決できない深刻な問題だ。貴方の協力が必要だ。
近未来、日本の食糧自給率は数%になるかもね。
日本農業新聞 -
▶政府が2015年に策定した #食料・農業・農村基本計画 に掲げる25年の確保目標を既に下回った。
「高齢化の進展や担い手不足などで新たな荒廃農地の発生が大きく見通しを上回った」
これも食を支える基盤がさらに弱体化している話題。農地の減少が止まらないのだ。都市の消費者は「食の安心・安全」だけに目が向きがちで、農業の現場の実態をあまり知ろうとしない。それではダメですよね。
耕作面積を維持することにこだわるよりも、農業所得ベースから行くべきでは。耕作面積減るのは農業従事者の統計見る限り必然かと。/
農地減少に
歯止めがかからない
国の想定の倍以上のペース🤔

5年間で12万ヘクタール減少。
これって、東京ドーム
25,532個分になる😱

一年に直すと、
5,106個💦

担い手農家が、規模拡大しても、
まかない切れない減少幅

打つ手がないというのが、
ほんとにヤバい。
荒廃、転用2倍ペース 対策見直し必須|12/14 日本農業新聞
最近、災害が頻発してるのもあるのかな。
農家の高齢化、農家の減少により耕作放棄地が年々増えている。

耕作放棄地の何がいけないか
・雑草や害虫が増える、
・景観が悪くなる
・不法投棄が増える
・野生動物の行動圏、隠れ家になる

農家だけの問題ではなく、耕作放棄地周辺の農家以外の人にも影響が出ます。
皆さん、無策の安倍政権の農政と
言えますよね。
2015~2019年にかけて、農地が15万ヘクタール以上、減少しましたとさ。これは農水省の想定(基本計画)より、2倍近く減ったことになるそうです。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR