TOP > 政治・経済 > 日本農業新聞 - 平成の大合併しなかった自治体 元気 隣接旧町村と比較 日弁連調査

日本農業新聞 - 平成の大合併しなかった自治体 元気 隣接旧町村と比較 日弁連調査

20コメント 2019-11-22 08:08  日本農業新聞

日本農業新聞は、国内唯一の日刊農業専門紙です。農政や農家の営農に役立つ技術情報、流通・市況情報に加え、消費者の関心も高い食の安全・安心、農産物直売所、地産地消、食農教育なども取り上げます。国民の暮らし...

ツイッターのコメント(20)

三河山間地域も確実に人口減少が進んでいる。
ちょうど、この事考えてた(゚ω゚)
やっぱりね~
これは農協にも言えないだろうか?合併すればいいものなのだろうか?
営利を目指さない協同組合
まあ、そうだろうな…。問題は合併前の状況が合併自治体と非合併自治体で同じだったのかってところ。合併した自治体がもし合併していなかったら同じことが言えていたのだろうか?
やっていける自信があるから合併しなかったというのもある。

それにプラスして
「地域資源に対して誇りを持てる住民がどれだけいるのか」が数値に影響を与えていそう

-----
行政でも、農協でも、合併すると田舎の地域はよりサービスが行き届かなくなり、発展している地域に資源が集中しますよね。。
もともと人口減少率が低くて元気だった自治体は合併を選択しなかった傾向があるということでは?
日本弁護士連合会、平成の大合併で合併しなかった自治体の方が元気と調査結果。

小泉政権
「日弁連…は11月、人口4000人未満の「平成の大合併」で合併しなかった自治体と合併した自治体を比較し、人口減少率が低いなど非合併自治体が“元気”であるとの調査結果を公表した。(続く
大規模な工場誘致したり原発があったり有名な観光地があったりと、税収があるから合併しなかっただけだけれどね。
巨額の負債を抱えている自治体と合併をして、
困っているようなところもあるみたいですね。
「日弁連は、非合併町村では役場機能が保たれ、公務員数が大きく減っていないことが背景にあると指摘」/ 日弁連調査(日本農業新聞)
これは実に興味深い指摘です。
元気になる余地があったから合併しなかったのかもよ

>
ちょっと気になった記事



三芳村の地名が無くなったの寂しいよね。高校に行くと安房地区唯一の村だからちょっとバカにされたけど(笑)
範囲が広くなったせいで一体感がなくなったね。大合併は愚策。
んん、いろんな解釈ができそうな…
#地方消滅 「合併しなかった自治体と合併した自治体を比較し、人口減少率が低いなど非合併自治体が“元気”であるとの調査結果を公表」(日弁連)
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR