TOP > 政治・経済 > 日本農業新聞 - 遊休農地 活用進まず 全国9・8万ヘクタール解消頭打ち

日本農業新聞 - 遊休農地 活用進まず 全国9・8万ヘクタール解消頭打ち

13コメント 2019-11-03 07:59  日本農業新聞

日本農業新聞は、国内唯一の日刊農業専門紙です。農政や農家の営農に役立つ技術情報、流通・市況情報に加え、消費者の関心も高い食の安全・安心、農産物直売所、地産地消、食農教育なども取り上げます。国民の暮らし...

ツイッターのコメント(13)

多い時で16万haあったのでかなり減ってる。

都道府県でかなりばらつきがあるので、統計の取り方とか遊休農地の判定に違いがありそうな感じはしますね。

千葉県とか茨城県とかは農業やんないのかな

日本農業新聞 -
農地はあれど縁がない。。。貸農地としてどんどん公開してほしい (~_~;)
これはマッチングの問題もあるだろうなあ。農業やりたい人がいても何の接点もない人には土地を貸してくれないとかありそう…。
規制ばかりの農協王国に飛び込む若者はおらんだろ普通。
秋冬野菜(大根、人参、馬鈴薯、里芋、白菜、キャベツ、レタス、葱)が9.2万haだから、仮に全部綺麗に利用されると、相場が暴落しそう。
最近まで減反政策やってて水稲増やすってのも違うし、そもそも遊休農地の問題点がなんなのかいまいちピンとこない。
#農業ニュースまとめ
#日本農業新聞
#遊休農地
#農地
#農林水産省
#農水省
#MAFF
農業をつぶせ!!
君たちが今までやってきた成果じゃないか!!
おおいに誇ればいいのに!!!
農家から言わせてもらうと一度遊ばせた田んぼを翌年に田んぼとして使う事はまず出来ない。水漏れやその他の修理をしないと田んぼとしては無理。かと言って他の作物を育てる技術は個人では無理。これが現状です。
世界でも家族営農が基本。日本で大規模化は限界がある。農業させない農政をごり押ししながら農家にペナルティなど言語道断。家族営農応援こそ抜本強化したい。
集約して大規模化しないと採算が合わないんだよね。戦後の「農地改革」の過ちを認めて、早く集約して効率化しないからこうなる。
北海道、広大な土地を有してるのにすげぇなオイ。
太陽光になったりしてるけどな。川のそばの耕作放棄地は自治体が購入して水害時の遊水地に転用などすればいいと思うがな。
貸すと補助金より貸さないと罰金の方が絶対効果ある
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR