TOP > 政治・経済 > 日本農業新聞 - 日米協定で1100億円減 生産量「影響なし」 農林水産で政府試算

日本農業新聞 - 日米協定で1100億円減 生産量「影響なし」 農林水産で政府試算

13コメント 2019-10-19 07:49  日本農業新聞

日本農業新聞は、国内唯一の日刊農業専門紙です。農政や農家の営農に役立つ技術情報、流通・市況情報に加え、消費者の関心も高い食の安全・安心、農産物直売所、地産地消、食農教育なども取り上げます。国民の暮らし...

ツイッターのコメント(13)

日本農業新聞 - 日米協定で1100億円減 農林水...



おかしいだろコノヤロ!
なぜそれで踏み切ったんだ…
なんの根拠で影響なしと判断したんだ
その上のコロナで農家に顔向けられないから商品券?
先日の酪農家叩きツイートと、合わせて読んで欲しい。全体的にデメリットの方が大きい気がする。今の日本に、そこまで競争できる体力あるの?

日本農業新聞 -
生産量「影響なし」農林水産で政府試算「国内対策によって生産量への影響はないと説明する。試算の根拠が国会審議の論点になるのは必至」 生産量がそのままで価格だけ落ちるなら、続けられなくなる業者が増えるという結果が生まれそうではあります
根拠薄弱でも影響なしとか言っちゃう政府。
ろくに対策しないで影響なし。
マジで現実逃避したくなるな😀ww
根拠なしの断言、すなわちスガ話法に過ぎない。>日本農業新聞 -
生産量「影響なし」農林水産で政府試算
<解説>具体的に根拠示せ
議論の土台が定まらないまま協定承認案の国会審議始まるが、これで生産現場の不安が払拭できるのか…
試算の前提も現実味がない。
生産量の「影響ゼロ」の根拠が示されていない。…
今回もまた「対策をするので生産量に影響はなし」という不思議な理屈。
#農業ニュースまとめ
#日本農業新聞
#日米貿易協定
#日米通商協定
#日本
#アメリカ
#影響
#生産量
#試算
日本の農業を開放しただけという予想通りの結果
試算の前提も現実味がない。生産量への「影響ゼロ」の根拠が示されていない。
農産品の市場開放に見合うだけの成果が得られたのかどうか。疑問は大きくなるばかりだ。国会での明確な説明が求められる。
生産量「影響なし」と
→「試算の前提も現実味がない。生産量への『影響ゼロ』の根拠が示されていない」
《試算の前提も現実味がない。生産量への「影響ゼロ」の根拠が示されていない》|日本農業新聞:
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR