TOP > 政治・経済 > 日本農業新聞 - 豚コレラワクチン 出口対策が焦点 流通制限で混乱も 政府与党

日本農業新聞 - 豚コレラワクチン 出口対策が焦点 流通制限で混乱も 政府与党

11コメント 2019-09-19 07:13  日本農業新聞

日本農業新聞は、国内唯一の日刊農業専門紙です。農政や農家の営農に役立つ技術情報、流通・市況情報に加え、消費者の関心も高い食の安全・安心、農産物直売所、地産地消、食農教育なども取り上げます。国民の暮らし...

ツイッターのコメント(11)

ワクチン打つと肉や糞尿も流通制限、非清浄国となり輸出入に影響、ワクチンの確保、どのくらいの期間になるかわからない…大問題ですね。やっぱり獣医師って必要じゃない?風評被害も心配…。
@hideoharada ご返事ありがとうございます。
清浄国問題の一部でワクチン接種と非接種の肉で「接種地域内で接種豚の肉が敬遠される」と日本農業新聞に記載され風評被害を煽るテレビメディアも出てくると私は心配しています。ワイドショーは話題になると踏んだら攻めてきますから。
自民党農林幹部の「一番怖いのは風評被害だ」と懸念に疑問
清浄化前には国内でもワクチンが広く接種されてたし、接種豚の肉を食べても問題はなかった(´⚭_⚭`) むしろその「清浄」の言葉が誤解を生む元になる。
> 県など一定の地域単位で全ての豚に接種し、接種した豚やその精液、ふん尿などの移動・流通は、原則として接種地域内に制限する方針。

国内でも制限がかかるのか

\ 日本農業新聞 -
@Grb_21

ワクチンを接種したらしたで、様々な問題が発生。進むも地獄、退くも地獄
#農業ニュースまとめ
#日本農業新聞
#豚コレラ
#養豚
#畜産
#豚肉
#豚
#ワクチン
予防的なワクチン接種を認めてないって、本末転倒な日本語だな(´・ω・`)
「自民党農林幹部は「一番怖いのは風評被害だ」と懸念する。〜接種地域以外も含めて豚肉の買い控えや輸入品への置き換え、価格下落を招く可能性がある〜与党内ではワクチン接種に慎重な意見が根強い。」
流通管理の実効性や販路の確保、消費者の買い控えなどの課題を残したまま接種に踏み切れば、混乱を招く可能性がある→今の混乱というより農家や関連産業の危機をどう捉えているのだろうか?



このうち、感染拡大の恐れと長期にわたる接種は対策を講じる必要がある
@kumi_kumiJP @ULQmJOIEm4LBodH 詳しい記事が今朝の農業新聞に出ています

肉だけでなく豚革なんかも対象になります。
日本農業新聞9/19:政府・与党が豚コレラ対策で検討する豚への予防的なワクチン接種の是非を巡り、“出口対策”が焦点に浮上してきた。接種した豚やその肉などは接種地域外への流通が制限される。→
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR