TOP > 政治・経済 > 日本農業新聞 - ツマジロクサヨトウ拡大 11月まで警戒を 発生11県 台風で拡散懸念

日本農業新聞 - ツマジロクサヨトウ拡大 11月まで警戒を 発生11県 台風で拡散懸念

58コメント 2019-08-27 12:51  日本農業新聞

日本農業新聞は、国内唯一の日刊農業専門紙です。農政や農家の営農に役立つ技術情報、流通・市況情報に加え、消費者の関心も高い食の安全・安心、農産物直売所、地産地消、食農教育なども取り上げます。国民の暮らし...

ツイッターのコメント(58)

九州から始まって飛んで高知や茨城県に発生しているのは風で飛ばされたって事ともう1つは輸送した野菜と一緒に運んでいだのではないかな🤔
台風で運ばれるってのも溜まったもんじゃないな。
@ujiny @fxi9ttSrGrL5Hnx こちらが聞いてるのは、そういう意味ではありませんよ。こちらの貼ったリンク先に、被害の9割はトウモロコシとあります。


ツマジロクサヨトウによる米への大きな被害は、あったのですか?
ツマジロクサヨトウは、イネ科やアブラナ科など幅広い植物に寄生する害虫。幼虫が葉や茎、花と果実まで加害する。
「発見できれば農薬で十分に対応できる。農地をよく観察してほしい」
さあ、アメリカの飼料用トウモロコシを食べたくない買いたくない皆様どーぞ害虫駆除をしてきてください。
ヨトウムシの話、10度以下で越冬できないという話だから、デング熱と同じで侵入経路遮断&越冬阻止になると思うんだけど

発生県がバラバラで、千葉県は香取市に飼料用コーンで発見とある。経口感染しかしない豚コレラでも言われていたが、口蹄疫みたく人為的持ち込みを危惧。
今年の冬はちゃんと寒くなるといいが。でも九州って例年通りでもあまり10度は下回らないのかな?
遺伝子組み換え!農薬残留!→現時点で米国から9割輸入してる。現状と変わらない。
農水省「現時点で影響ない」?→収穫前なので当たり前。現在11県拡大中

あとなんかある?
やっぱり、アメリカからの飼料用トウモロコシの輸入は正解。
専門紙の日本農業新聞が拡大を懸念している以上

「転ばぬ先の杖」

の対策をしたのは当然の話である。
ツマジロクサヨトウの被害、拡散状況はこちらの記事から。

初期防除がどこまで奏功するかわからない状況。
日本の農家は優秀だけど、初上陸の害虫だけに読めない部分はある。
同省は「発見できれば農薬で十分に対応できる。農地をよく観察してほしい」と呼び掛ける。
@fukuchan6666 @shiroshitakarei 日本農業新聞 2019.8.27
「農水省によると(略)発見できれば農薬で十分に対応できる」
なるほど、アメリカから飼料用トウモロコシ爆買いするのは、こういう事情があるのね。
@ankou_nabeo そりゃ被害状況が分からない上に広範囲にわたって確認されているんですから、概算も出しようがないと思いますよ。
あと、影響はわずかと言われているのは現時点での話ですよ。懸念されているのは今後。
トウモロコシの話ってこれにつながってるのかな?
”農林省「発見できれば農薬で十分に対応できる。農地をよく観察してほしい」”
”寒さに弱く、10・9度以下で成長が止まる。最低気温が10度を下回る日が数日続く地域なら、越冬する可能性は低い”
Σ(´Д`)既に茨城県ですら発見されてる。拡散速度が凄まじいから瞬く間に全国で見つかりそう
2019年08月27日

「ツマジロクサヨトウは、イネ科やアブラナ科など幅広い植物に寄生する害虫。幼虫が葉や茎、花と果実まで加害する。22日に福岡県でも確認。九州全県が発生県となった。高知や茨城、岡山や沖縄などでも発生している」
みんな予防って言葉を知らないのかね
なんとか食い止めてくれ!
拡大 
2019年08月27日

23日までに54市町村が被害
飼料用トウモロコシが約9割を占めている

南西諸島などでは翌年も発生する恐れ

九州と沖縄県の計8県(8/22 福岡県)
8/19 岡山県
8/20 茨城県と高知県
これを見てまだ畜産用トウモロコシの輸入増加が無駄だと言うんですかね。
@Narodovlastiye 飼料用トウモロコシは作っているし、ツマジロクサヨトウの被害を受けていて、今後も被害が拡大しそうな感じなのですね。
だから、念のため買っておくは普通では?特にすぐ駄目になって無駄遣いになるものでもないのだし。
@tokyo_satokei 東京新聞佐藤佳記者の言うことなすこと全部ウソ。佐藤を見たら泥棒と思え。佐藤自体がフェイク。佐藤は息を吐くようにウソをつく(すいません、佐藤の語彙が貧しくて、それに倣った罵詈雑言ではこの程度にしかなりません)。

7月に鹿児島県で発見から2ヶ月で11県に拡大。
熱帯・亜熱帯原産で寒さに弱く、10・9度以下で成長が止まる。最低気温が10度を下回る日が数日続く地域なら、越冬する可能性は低い。/
ツマジロクサヨトウは今年に入ってから国内で初めて発見された。既に発見自体は西日本中心に報告されてるけども、今はまだ被害が大きいわけではない。おそらく問題になるのは来年以降に定着した場合。輸入云々とは関係ないと思うよ。
@tokyo_satokei 朝日がまたガセなんじゃないの?

「 台風で拡散懸念」
@quma32 @tyukanid こんな記事が…
渡りに船だったかもよ。
今回のとうもろこし祭りに関しては「飼料用」の一言で片付いた感もあるが、輸入の理由として挙がる害虫の問題が
①今回国内で初めて見つかった
②九州で見つかったと思ったら茨城にも進出している等今なお拡大中
と結構ヤバい模様。
@milk_rakuno @syouwaoyaji トランプ氏「8月に日米に素晴らしい発表」と言ったのが5月!ツマジロクサヨトウが発生確認が8月!5月にトウモロコシが不作になる予測・・おかしくない!
@waki1711
デマを書かないでください。>まだ九州で見つかったくらい。
この害虫被害で打撃受けてるから、アメリカからトウモロコシをアホ程仕入れたの?
飼料用トウモロコシ輸入の話って、コレ関係ないの?

「23日までに54市町村が被害を受けた。飼料用トウモロコシが約9割を占めている。」
なるほど。そこで米国からの飼料用トウモロコシ融通か

国産家畜の値段が高くなる可能性もあっただけにWin-Winだな。

トウモロコシ農家への対応に不安が残るけどもね。
政府の発表に合わせたかのような本日付けの「害虫の発生が止まらない」記事。発生11県、被害作物の9割がトウモロコシ、とあるだけで、具体的な被害規模は記載なし。
デントコーンの害虫被害、九州全土で拡大してるのか。
台風で拡散懸念(日本農業新聞) 「 23日までに54市町村が被害を受けた。飼料用トウモロコシが約9割を占めている。/ 最低気温が10度を下回る日が数日続く地域なら、越冬する可能性は低い」
新規の害虫だと登録農薬がないってのがネックよね。緊急防除のために農水省から通達出てるんで、農協通じて各農家へは伝えられてるとは思うけど。 →
南西諸島では越冬する可能性がありますが、他は冬を越せないと考えられているようです。→
げっ…
高知まで来てる…(´・ω・`)
現状これだけで、あたかもエイリアンが来襲したかの如く騒ぎ立てて、押し売りトランプコーンを輸入するバカ政権。
ツマジロクサヨトウは、イネ科やアブラナ科など幅広い植物に寄生する害虫。幼虫が葉や茎、花と果実まで加害する。



あぁ、やっぱり…
トウモロコシだけ取り上げててヘンだと思ったよ…
@sateco 日本農業新聞に書いてあるなら間違い無いかと。
件の人は何処で何の作物を作っているか明かしてませんし、信憑性に乏しいのではないかと。
日本農業新聞には害虫による被害が拡大中という記事が見られないとツイートしましたが、今日ガースーの記者会見での言及に合わせるかの様に記事が出されていましたので、リンクを貼っておきます。
作っておられる農家の方の実際の声も聞いて見たいところです。
#農業ニュースまとめ
#日本農業新聞
#ツマジロクサヨトウ
#害虫
#虫害
@sasakitoshinao 一部訂正。
「まだ登録農薬はないが、植物防疫法の規定で発生県は一部の農薬で防除できる」
「トウモロコシの場合、虫が付きやすいのは先端部。草丈が背の高さを超えると薬剤が行き届かず、防除が難しいため、早期刈り取りや耕うん、すき込みが必要になる。」
とのことです。
今日の農業新聞記事です
輸入について憶測が流れてるけど、国内での害虫の話はデマじゃないよ
今じゃ九州から関東地方まで来てるし更に拡大の恐れあり
もうこちらでは最低気温が10℃以下になってるから、あわてて辻褄合わせに出したような記事だわさ。
@mkitano1 東京新聞さん、情報古いですね。政府を叩きたいからあえてその記事にしたのかもしれませんが…
被害は広がってます。それに被害が拡大してから購入すると足元見られますよ。
これはアメリカから輸入しようとしているコーンなの?→

❝ 23日までに54市町村が被害を受けた。飼料用トウモロコシが約9割を占めている❞

日本農業新聞 -
@nyokki7 @Nami_Sho @RyuichiYoneyama 貴方がいう政府発表捏造と同じでしょ。東京新聞の記事の信憑性は誰が担保するの?嘘付かない保証は?

日本に初上陸した極めて繁殖力の高い害虫の被害予測が東京新聞の記者に出来るのですか?専門家の記述は無しです。しかも『農水省が大丈夫と言った』を貴方が信じるの?
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR