TOP > 政治・経済 > 日本農業新聞 - 日米交渉大枠合意 牛・豚関税TPP並み

日本農業新聞 - 日米交渉大枠合意 牛・豚関税TPP並み

19コメント 2019-08-25 09:17  日本農業新聞

日本農業新聞は、国内唯一の日刊農業専門紙です。農政や農家の営農に役立つ技術情報、流通・市況情報に加え、消費者の関心も高い食の安全・安心、農産物直売所、地産地消、食農教育なども取り上げます。国民の暮らし...

ツイッターのコメント(19)

@narizou43 直ぐに関税率を大幅に下げるわけではないので、当面は影響ないでしょう。
それ以前にも米国からの牛豚肉は輸入していたけど、桁が違うほどの量になる。
いまや鶏肉が比較的に安全性が高い肉になるのかな。
@okafeng @swamrer5480 この記事を読みながら、抵抗なく米国からの豚肉が日本国内の世論に受け入れられる様に、野生のイノシシを使って豚コレラを拡散しているとしたら、怖すぎるな。
アメリカがTPPに加盟していないんだから、日米独自で交渉できるのかというと、そうではなく、対米貿易政策ではTPP加盟国以上にサービスせいや!と責めたてられる図式に。→
牛肉は段階的に9%になるみたいですけど、いつなるんでしょうか。
国内農業への影響必至だが、合意内容すら明らかにされず。
食料自給率の高い国は、農家への補助金をしっかり行い、自国の農業を保護している。日本の場合、TPPが実施されてもそのような話は聞かない。国の基本であり、国防にも直結するもの。国を守ろうとしない政権など必要ない。
安倍政権が又、日本を売り飛ばしていますね。
牛・豚関税TPP並み
『日本農業にとっては農産物の市場解放が一層進むことになる。国内への影響をどう回避するのか。政府には説明と対応策が求められる。』
まぁ多くのニッポン人には「農産物の市場解放」なんて、ワイドショーよりも興味ないだろうけどね…
日米貿易交渉

トランプ 農産物の関税GAー
アベ 🌽買います

TPP蚊帳の外🇺🇸がTPP同等の条件(農産物)で締結という話

🚗関税2.5%でも🇯🇵が圧倒的ぃなのに何を騒ぐのか?
🚗関税25%がーとか騒いでたね😑

ところで、🚗以外での工業製品&関連部品の関税撤廃お忘れでは?😁
日本農業新聞
「TPP水準の市場開放に踏み切ることの影響を入念に検証すべき。 政府だけにとどまらず、国会を含め国民的な議論が求められる。だが現時点では交渉結果の具体的内容は開示されていない。」
隠し続けるんだろ?
国内向けの説明はいつ?どうなっているのか?
「米国産農産物の市場開放が決まったことを受け、今後は国内農業への影響をどう防ぐかが焦点になる。政府には支援策を講じることが求められる。…政府は議論の土台となる交渉内容を早急に開示すべきだ」

日本農業新聞 -
「焦点だった米国産牛肉と豚肉の関税は環太平洋連携協定(TPP)と同じ水準に引き下げる」/ 牛・豚関税TPP並み(日本農業新聞)
これ、日本は何を得たの?
現政権にはもう食糧自給率を上げる気なんか無いって事がよくわかりました。農業は高齢化で衰退の一途なのに採算性まで下げるつもりか。日本の農業が無くなっても、政府の皆さんはアメリカ産を食べてせいぜい長生きなさって下さい。
#農業ニュースまとめ
#日本農業新聞
#TPP
#日米貿易交渉
#日米通商交渉
#アメリカ
#日本
結局関税下げるんだな。
緊縮やってるのにどうやって農業守れるんだよ。ふざけてるとしか思えない。
この記事をみるかぎり、日本が農産物で譲歩しただけに終わりそうな日米FTA。|日本農業新聞:
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR