TOP > 政治・経済 > 日本農業新聞 - 食料自給率国は軽視? 認識に隔たり 国民は不安 必要性薄い 世論調査 14年が最後

日本農業新聞 - 食料自給率国は軽視? 認識に隔たり 国民は不安 必要性薄い 世論調査 14年が最後

28コメント 2019-08-22 07:27  日本農業新聞

日本農業新聞は、国内唯一の日刊農業専門紙です。農政や農家の営農に役立つ技術情報、流通・市況情報に加え、消費者の関心も高い食の安全・安心、農産物直売所、地産地消、食農教育なども取り上げます。国民の暮らし...

ツイッターのコメント(28)

自国で生産できない分海外(主に途上国)からの輸入に頼る。特に日本の小麦や大豆の生産量が低下する中で巻き起こる途上国の農村開発議論。食料自給率低下問題、無視できない...
すっげー、政策(農産品輸入拡大)と真逆のデータ(自給率向上が必要)が出るので調査を中止してしまったアベ政府!🥶

引用:... 2018年度の食料自給率がカロリーベースで過去最低の37%に落ち込む中、食料供給に対する国民の意識を尋ねる政府の世論調査が(続
最もどうてもいい指標・食料自給率。
日本国民の9割9分が、炭水化物や青物など全ての自給なんてしてないでしょ?今、皆が飯を食えているのは分業の成果。
(まず自分たちはどうしたいのだろうか)東京大学大学院の鈴木宣弘教授は、こうした政府の姿勢に「国として自給率を引き上げるのを諦めたと受け取られかねない」「貿易自由化を進めて自給率が上がるわけがない」 / “ 国…”
▶2018年度の食料自給率がカロリーベースで過去最低の37%に落ち込む中、食料供給に対する国民の意識を尋ねる政府の世論調査が長く実施されていないことに、疑問の声
<「貿易自由化を進めて自給率が上がるわけがない。そんな時に調査して国民に不安だと言われたら困るということではないか」と皮肉る。> 。。。そりゃそうだw
2014年からか、今の政権の意向でこうなったのか? そんなに国民に触れて欲しくないのかね。見えにくくした所でまずい現実がどこかに消えるわけでもないんだけど
「(不安だという)決まりきった回答にしかならない」と世論調査すら実施しない農水省。安倍政権は国民を無視し、日米貿易協定交渉で大幅な農産物の市場開放を求めるトランプに先進7カ国(G7)首脳会議で大きなお土産にするつもりだろう。
農水省、食糧自給率の低さに、不安の声が上がる事がわかりきっているので、「調査はしない」そうだ。
さすが【史上最悪内閣】 #ポチ
カロリーベースで37%と言っても、石油の輸入が止まれば農業はできない。結局周りの国にお世話にならないと成り立たない訳だから。
役人がやるよりも、尿業関係者の人達で行政を担当するべき。農は国の基本です。地球規模で人口が増えているなか、自給率が低い国に未来はない。これが現実。
📍
食料自給率、国は軽視❔
安倍政権って自分に都合の悪いことは難癖付けて隠すんだな。行政もちゃんと仕事して欲しいね。
カロリーベースならやる必要ないかな?
やるなら消費額ベースで
食料自給率に対する世論調査すらしなくなった現政権。自給率を上げることを放棄??!!
農協と農水省をなんとかするとかいう激高ハードル。
2014年は安倍第二次内閣の年。霞ヶ関を疲弊させたのは旧民主党だろが?の声も…。何れにせよ、とばっちりを食らうのは一般国民。農家が儲かる仕組みを考えてくれ~。
日本の時給率37%、不安よなぁ…。
📝食料自給率 国は軽視?  14年が最後…✍️
農水省が「決まりきった回答にしかならない」とか「必要性が薄い」と調査しないとか、ちょっととんでもないことなのでは…
自国で食い物どんだけまかなえるかって安全保障のイロハのイだと思うんだけど,食糧安全保障にも自国の農畜産業保護にも何の興味もないらしい現政権のどこのどこらへんが「保守」なん
「食料自給率が低下」

そういえば小学生の時、社会の授業で「日本の食料自給率は..」と習い、漫然と「将来ヤバいのでは?」と思ったもの。

今でも小学校では「食料自給率」を扱っているのでしょうか?
万が一の時に国民が飢えることを認識していないのか、それともただただやる気が無いのか
相変わらず仕事しないね~農水省は(笑)
みんな外国産食べな?
おれは国産で地産が大好きだから真剣に向き合ってるぞ?
実は日本で最も保守的な新聞  今朝の記事(電子版)から。

農水省は食料安全保障のために全力をあげるのが筋だろうに、この投げやりな態度は許せん。
「決まりきった回答にしかならない」というのは、自給率の低さを改善しようとする努力の欠如で、もはや農林水産省の存在意義は無い。
14年まで定期的に実施されてきた食糧自給率に関する政府の世論調査、「(不安という)決まりきった回答にしかならない」というどこからかの指摘でストップしたまま。|日本農業新聞:
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR