TOP > 国際 > 殺害された仏教師、脅迫されていた 生徒とその父から告訴も 写真6枚 国際ニュース:AFPBB News

殺害された仏教師、脅迫されていた 生徒とその父から告訴も 写真6枚 国際ニュース:AFPBB News

24コメント 2020-10-18 12:25  AFPBB News

【10月18日 AFP】仏パリ郊外で16日に首を切断され殺害された歴史教師のサミュエル・パティ(Samuel Paty)さん(47)が、授業中にイスラム教預言者ムハンマド(Prophet Mohamm...

ツイッターのコメント(24)

仏師が殺されたのかと思った。


生徒とその父から告訴も
これがいわゆる多文化共生ってやつだな
そして批判するのは、安直な自由の表明に対して。
今回の事件の背景には、「表現の自由」と「基本的人権の尊重」と、2つの軸がある。
どちらか1つしか見ないのでは見誤る。
他者の尊厳を踏みにじる自由まではないんだよ。
「在仏ロシア大使館が」容疑者の実名を明らかにしたのか。18歳だというが、まあチェチェン関係ということで情報放流したんだろう。
フランスで殺害された教師を訴えていた女子生徒は、これから普通の生活は送れないだろうし、いじめられるだろうなぁ。
そして、フランスを恨み、過激派となり、、、負の連鎖が続く。
こう言う事あると、移民ってホント面倒くさいと思う。
嫌なら国に帰れ、と言いたい。
>風刺画を授業で見せた後、学校側は脅迫を受けていた。女子生徒の父親は、パティさんが「ポルノ画像」を見せびらかしたと批判した。
うーん、、、複雑な気持ちになる事件。表現の自由、教育の自由か。。
この女生徒は一体…
亡命先まで来て、何をヤってんだか。サイテーだな。
君の表現には反対だ、だから殺す、はありえない。

殺害された仏の教師、オンライン上で脅迫を受けていたことが判明
■イスラム圏の人は中東に帰れとか仏教圏のひとは〜と、国際世界になっても大航海時代位前の精神でウロウロされたら旧時代からいた人々にはたまらない。日本が外国人を怖がるのは宗教を「崇めるより行事」と言うライトな人種になってるからなのよ。敬虔な〜は稀。
"不満を抱いたこの父親は、首切断事件の数日前、パティさんの名前と学校の住所をソーシャルメディア上に投稿。そして先週に入り、イスラム教とその預言者が学校で「侮辱された」と語るビデオメッセージを投稿した。"
「パリの在仏ロシア大使館は、実行犯はアブドラフ・オンゾロフ(Abdullakh Anzorov)容疑者(18)だと明らかにした」
“ある女子生徒の父親は、パティさんが表現の自由に関する授業を行った後、パティさんの免職を求めオンライン上で「結集」を呼び掛けていた”
言論の自由があるとはいえ、節度を持って発言するべきですね。イスラム教の敬虔な信者にとっては創始者を侮辱することは我慢できるものではないと思います。これ、イエスを侮辱する内容なら授業で言ったりしないと思います。とはいえ、殺すのはやりすぎですけどね。
「服従」の翻訳者が偽名になる訳だ。
事件は思っていた以上に複雑な様子を見せている。
日本人は宗教の教えより道徳や慣習を優先する人が多い。この先日本に移民が増えて多民族国家になった時の法律はどうなるのだろう。政教分離の法解釈適当なのに大丈夫か?
その筋に目をつけられそうなブコメ→"srgy 「仏教師」って書くと仏教の偉い人みたいだ"
>論争の的となっている裸のイスラム教預言者ムハンマドを描いた風刺画を授業で見せた後、学校側は脅迫を受けていた。女子生徒の父親は、パティさんが「ポルノ画像」を見せびらかしたと批判

うわあ
「不満を抱いたこの父親は、首切断事件の数日前、パティさんの名前と学校の住所をソーシャルメディア上に投稿。そして先週に入り、イスラム教とその預言者が学校で「侮辱された」と語るビデオメッセージを投稿した。」
首切断された仏教師、脅迫されていた 生徒の父親から告訴も @afpbbcom
パリの在仏ロシア大使館は、実行犯はアブドラフ・オンゾロフ(Abdullakh Anzorov)容疑者(18)だと明らかにした。同容疑者の家族は、容疑者が6歳の時に渡仏し、亡命申請をしていたという。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR