TOP > 国際 > 英首相、歴史的人物の銅像擁護「過去を教えてくれる」 破壊行為相次ぐ 写真14枚 国際ニュース:AFPBB News

英首相、歴史的人物の銅像擁護「過去を教えてくれる」 破壊行為相次ぐ 写真14枚 国際ニュース:AFPBB News

11コメント 2020-06-13 10:07 | AFPBB Newsキャッシュ

【6月13日 AFP】ボリス・ジョンソン(Boris Johnson)英首相は12日、英国各地で発生している反人種差別の抗議デモについて、一部が「過激派に乗っ取られている」と述べた。...

ツイッターのコメント(11)

チャーチルはトランプが嫌い。
あんまりこういうことは言うべきじゃないんだけど、チャーチルが踏ん張らなかったら今よりはるかに不自由なファッショ社会になってたと思う。

続き
英国ボリス・ジョンソンは12日、英国各地で発生している反人種差別の抗議デモについて、一部が「過激派に乗っ取られている」と非難。ロンドン中心部ではウィンストン・チャーチルや戦没者記念碑をはじめ、複数の銅像などに損害が加えられている
「差別に抗議するという正当な欲求」は認めるとしながらも、「過去を編集あるいは検閲しようとすることは今はできない」「これらの銅像は、すべての過ちを含めて過去を教えてくれる」
「過去を編集あるいは検閲しようとすることは今はできない」

「これらの銅像は、すべての過ちを含めて過去を教えてくれる」

「それらを取り壊すことは歴史を偽ることであり、
次世代の教育の質を低下させることになる」
そうかな?
「される側」になってはじめて、心の拠り所やかけがえの無いものを失うことが、どんなに傷みを伴うかわかったでしょう。

あなた方の先祖は75年前に、空の上から有無を言わさず色々と破壊してくれたからね。

英国文化、好きだし複雑ではあるけど。
流石に保護したようでよかった
> ジョンソン氏は「差別に抗議するという正当な欲求」は認めるとしながらも、「過去を編集あるいは検閲しようとすることは今はできない」と述べた。

まともやん
ボリス・ジョンソン英国首相は、英国各地で発生している反人種差別の抗議デモについて、一部が「過激派に乗っ取られている」と述べた。英国ではデモ隊と極右団体の衝突をめぐる懸念が高まり、破壊行為も拡大している。 AFPBB News
首都ロンドン中心部では第2次世界大戦を率いたウィンストン・チャーチル英元首相や戦没者記念碑をはじめ、複数の銅像などに損害が加えられ、囲いで覆う保護措置が取られた。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR