TOP > 国際 > うつ病に陥る選手が増加、国際プロサッカー選手協会が報告書で懸念示す 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

うつ病に陥る選手が増加、国際プロサッカー選手協会が報告書で懸念示す 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

13コメント 2020-04-21 13:17  AFPBB News

【4月21日 AFP】国際プロサッカー選手協会連盟(FIFPro)は20日、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的な大流行)で競技が中断されている中、活動の場が失われて不安やうつ病に悩まされているプ...

ツイッターのコメント(13)

記事にも書かれているけど、アスリートに限らず…「突如として社会的孤立や仕事の停止、そして未来への不安に対処することになった」

 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
どうなるか先が見えないことはかなりメンタルに来る。
みんな不安なんだよね。
どうにかみんなが前向きになれればいいなぁ。
活動の場が失われて不安やうつ病に悩まされているプロサッカー選手が増加している
サッカーはサッカー選手の命ですので、命が取り上げられれば、鬱になって当然です。Swedenborgの「真のキリスト教」は、命の理論です。/
◆AFP 4月21日

 国際プロサッカー選手協会連盟は、新型コロナパンデミックで競技が中断されている中、活動の場が失われて不安やうつ病に悩まされているプロサッカー選手が増加しているとの報告書を公表
国際プロサッカー選手協会連盟(FIFPro)は20日、新型コロナウイルスのパンデミックで競技が中断されている中、活動の場が失われて不安やうつ病に悩まされているプロサッカー選手が増加しているとの報告書を公表した。
国際プロサッカー選手協会連盟は20日、新型コロナウイルスのパンデミックで競技が中断されている中、活動の場が失われて不安やうつ病に悩まされているプロサッカー選手が増加しているとの報告書を公表
これまでもサッカー選手と気分障害のニュースはあったけどCOVID-19流行下で増えているのか
>調査結果によると男子選手の22パーセント。

女子選手の13パーセントがうつ病の症状を報告したことが判明。

@afpbbcom
〝家族と離れて単身で海外生活を送っているプロサッカー選手が大勢いることや、その多くが短期契約であることでさらなる不安を感じている〟>>
うつ病に陥る選手が増加、国際プロサッカー選手協会が報告書で懸念示す(AFPBB) "イングランド、スコットランド、フランス、オーストラリア、米国など16か国で調査した結果、男子選手の22%、女子選手の13%がうつ病の症状を示した。男女合わせほぼ5人に1人が不安の兆候を見せた"
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR