TOP > 国際 > 神を信じなくなった…超正統派ユダヤ教徒の「二重生活」 イスラエル 写真6枚 国際ニュース:AFPBB News

神を信じなくなった…超正統派ユダヤ教徒の「二重生活」 イスラエル 写真6枚 国際ニュース:AFPBB News

20コメント 2020-04-19 09:17 | AFPBB Newsキャッシュ

【4月19日 AFP】長い黒のコートを着た男性たちが近付くと、イスラエル人のシュムエルさんは顔を見られないよう下を向いた。...

ツイッターのコメント(20)

netflixで「アンオーソドックス」を見ていて思ったんだけれど、「道から外れれば、非常に重い罰を受ける社会」って日本のことじゃないの、、、、
と思った
備忘録として。 /
>ユダヤ教超正統派の厳格な戒律を内面的に放棄している人々は「アヌーシム」と呼ばれる。

ちなみに超正統派内部では亀裂が発生し出してる模様
けっこうたいへんなんだよこれ。
“超正統派では安息日に電子機器を使うことは完全に禁止されており、
(…)
「父は家族全員を集めて喪の儀式を行い、私の死を宣言した」「誰からも何も盗んでいないし、誰かを傷つけてもいない。ただ別の人生を選んだだけだ。それなのにこんなふうに私を罰するというのか?」”
アヌーシム(アヌスィームというほうがいいかも)の語に新たな意味が付け加わる。
マイノリティなんだろうけど、超正統派コミュニティの中で生きつつも頭の中は世俗派という"隠れ世俗派"というケースか︰
ユダヤ教は民族宗教だからこその特殊性がありますね。
宗教は害悪。特にイスラエルはユダヤ教を信奉する余りパレスチナ人を迫害している。
(AFPBB News) - LINEアカウントメディア
ものすごく興味深い記事
厳格な戒律を内面的に放棄し、経験な教徒のフリをする人々がいるという。

 写真6枚 国際ニュース:AFPBB News
制限付きの神はもう必要ないよね。
宗教が人生を左右するって、私には理解出来ない世界…
見出しだけ見てコロナのせいなのかと思ったけど関係なかった
「道から外れれば、非常に重い罰を受ける社会だ」という言葉に、ユダヤ教のシンボルである六芒星的な「6(均質美)」を感じるし、これこそが「ズレ」を許さない「美」の本質なのだろう。

超正統派の生活をあからさまに拒絶すれば「非常に高い代償を払うことになり」「このため中には、抜けることはせずに、二重生活を送る決心をする人がいる」のだという。
信仰生活がコロナクラスターを形成してしまったので超正統派の影響力落ちるんじゃね?
元ラビだと大変だろうなー
進路の選択の余地が元々無さそうだし
潮が変わってる。
以上
 

いま話題のニュース

PR