TOP > 国際 > トランプ氏にはほぼ絶対的権力あり 弁護側主張で議論白熱 弾劾裁判 写真6枚 国際ニュース:AFPBB News

トランプ氏にはほぼ絶対的権力あり 弁護側主張で議論白熱 弾劾裁判 写真6枚 国際ニュース:AFPBB News

13コメント 2020-01-31 07:17  AFPBB News

【1月31日 AFP】ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領の弾劾裁判で、トランプ氏の弁護人が大統領には事実上の絶対的権力があると主張したことから、検察役の民主党議員と弁護側との議論が...

ツイッターのコメント(13)

"著名刑事弁護士でハーバード大法科大学院教授のアラン・ダーショウィッツ氏は…「大統領が、公益である自身の選挙での当選を後押しすると信じる行動を取る場合、それが弾劾につながる『見返り』とはなり得ない」と主張"
>トランプ氏の弁護人が大統領には事実上の絶対的権力があると主張したことから、検察役の民主党議員と弁護側との議論が白熱

大統領独裁wwwww
ユナイテッド・エンパイア・オブ・アメリカ爆誕wktk
すげえことになってる!
ハーバード大法科大学院教授のアラン・ダーショウィッツ氏は29日、トランプ大統領は自身の再選が公益と信じていたため、トランプ氏の行為は弾劾可能な職権乱用に当たらないとの主張を展開した。

大統領が公益と信じたら何をしても許されるのだろうか。どこかの独裁国家みたい
民主党のアダム・シフ下院議員は、ダーショウィッツ氏の主張を言い換えれば「彼(トランプ氏)にとって良いことは、国家にとって良いことだ。なぜなら、彼が国家だからだ」となると指摘。(引用)
物議を醸すダーショウィッツの主張。これも「Unitary executive theory」に基づくものです。
大統領が自分の再選を公益と信じる限り、そのためにどのような手段を取ろうが許される、と主張するとは。地位を守るために、民主制そのものをディールに賭けるのか。/  写真6枚 国際ニュース:AFPBB News
これとくらべたら、まだましかも>
ドナルド・トランプ米大統領の弾劾裁判で、大統領の弁護人の1人が29日、大統領には事実上、議論の余地のない権力があると主張、30日、検察役 民主党員と弁護側の議論が白熱した。民主党にとっては共和党員の大統領への忠誠心を崩すための最後の取り組みとなった。 AFPBB News
トランプ氏にはほぼ絶対的権限あり やべーことが話されている気がする
トランプ氏にはほぼ絶対的権限あり 弁護側と検察で議論白熱
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR