TOP > 国際 > ロヒンギャ裁判 スー・チー氏、「ジェノサイドの意図」否定 写真8枚 国際ニュース:AFPBB News

ロヒンギャ裁判 スー・チー氏、「ジェノサイドの意図」否定 写真8枚 国際ニュース:AFPBB News

35コメント 2019-12-11 21:47  AFPBB News

【12月11日 AFP】オランダ・ハーグ(The Hague)の国際司法裁判所(ICJ)で開かれている、ミャンマーのイスラム系少数民族ロヒンギャ(Rohingya)の迫害をめぐる裁判で、ミャンマーのア...

ツイッターのコメント(35)

もう三文芝居は、よしとくれよ、アウンサン.スーチー。
「救国の英雄のもう一つの側面は虐殺者である」
を地で行く感じ。ノーベル平和賞受賞しててもこの有様ではねえ。
ミャンマー軍を擁護したのは大きなポイント。
完全にアウト。
本当に酷いな。
闇が深い。。。
たぶん虐殺はあったんだろうけど、この人を批判している日本人のどれほどが南京大虐殺を肯定しているだろうか。国際的な評価と自分たちの評価のズレというのは、そういうことなんだがな。

【 スー・チー氏、「ジェノサイドの意図」否定】
まだグレタは操られてる分マシ。本当の極悪人はこの人じゃ無いかと思ってる。確信犯でしょ。
嘘つき!
担がれてるだけの無能です宣言
難民数は昨日見たテレビで90万人とありました。ネットで難民キャンプを元々暮らしていた象が破壊する記事を読み、人が人の暮らしを奪い、最後は結局その人が動物の暮らしを奪う。
今朝の千葉テレビニュースで知り、ウィグルを思いだしましました。
”ノーベル賞を剥奪すべき”との意見があります。
私も同感です。単なる虐殺にしか思えなかったです。
この人が軟禁されてた頃は応援してたけどがっかり。
''過度の武力''という時点で大きな問題である。
スー・チー氏、「ジェノサイドの意図」否定(AFP=時事)(´・ω・`)この人の過去と今、素晴らしい寓話
スー・チー氏、「ジェノサイドの意図」否定:説明が足りないな・・・スー・チー氏が嫌ったのは、社会主義の政権だった??
中国政府によるウィグル、チベット族に対する監禁及び思想強制も国際司法裁判所で裁いてほしい。
やっぱりこの人は独裁者に変貌したか。
記事を読み、2017年ミャンマー軍の激しい弾圧で殺害された何千人ものロヒンギャ族の御冥福を心から祈ります。🙏
この人はもうダメ…やる事が中共と同じだ!
まぁ、ロヒンギャは少数民族では有るけど、そのマイノリティの中で更にマイノリティな存在として過激に自主自立目指して活動する連中が居て治安部隊としては~って側面が有った訳で・・
この人も、権力握ったら軍事政権と同じか。失望したわ。
そうかー。アウン・サン・スー・チー女史でも公正は保てないかぁ。
まぁかの国名が今だミャンマーなのが苦境を最大限現しているから簡単でないのはわかるが。。
簡単でない中であの長期間折れなかった彼女なだけに。。
う~ん。残念さは否めないかな。
人類の限界の様で。。。
結果 アウン・サン・スー・チー氏も、この程度の人物だったということ。 汚い言葉で言わせてもらうと、「人殺しの一味」だ。 虐殺者にノーベル平和賞は見合わないので、返上するべきだろう。
胡散臭い。プンプン臭う
スー・チーさんを批判するならオバマさんも批判しないとおかしい。
人種差別だろ(激怒)
オバマは違法にシリアを空爆し1万人以上の民間人を虐殺し、アフガンでは誤爆と称し国境なき医師団の病院を爆撃、大量虐殺するという戦争犯罪人。

スー・チー氏
軍の暴走であったとは思うが、国家としてそれを黙認したことはジェノサイドへの加担に等しく、裁かれなくてはならない。
ミャンマーのイスラム系少数民族ロヒンギャ(Rohingya)の迫害をめぐる裁判で、ミャンマーのアウン・サン・スー・チー(Aung San Suu Kyi)国家顧問は11日、ロヒンギャに対する軍事行動を擁護し、「ジェノサイド(集団殺害)の意図」を否定した
★アウンサン・スー・チー氏に協力する東南アジアや世界各国を求めてたい。
 安倍晋三も彼女との会談を行なっているが「ダンマリ」か?
仏・AFP 伝、国際司法裁判所、ロヒンギャ民族虐殺の疑いで、被告の ミャンマー 国家顧問、スー・チー氏、訴えを否定し、以前自身を幽閉した 軍 を擁護。

別の注目点は、原告アフリカ・ガンビア。 元英国領、主宗教はイスラム教。 とても正義心が強い国の証明に。

@afpbbcom
まぁそういうよね
おそらくミャンマー軍人は決然とした彼女を失うことは避けたいと思ったことだろう。そのためにも虐殺行為は控えると思われる。だが、国際社会が彼女の権限を奪ってしまえば、軍はむしろ精神的な箍が外れてしまう。/
AFPBB★
ハーグ国際司法裁判所に公訴された事実そのものが重いものと言えるのだろう。アウン・サン・スー・チー国家顧問としても拒否することは叶わなかったわけで。
見逃している時点で言い訳は出来ないと思う。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR