千葉台風関連の記事一覧

TOP > 国際 > 地球型惑星に水蒸気 存在を初めて確認 写真2枚 国際ニュース:AFPBB News

地球型惑星に水蒸気 存在を初めて確認 写真2枚 国際ニュース:AFPBB News

179コメント 登録日時:2019-09-12 05:15 | AFPBB Newsキャッシュ

【9月12日 AFP】(更新)ハビタブルゾーン(生命居住可能領域)内にある太陽系外惑星の大気中に水蒸気が存在することを初めて確認したとする論文が11日、英科学誌ネイチャー・アストロノミー(Nature Astronomy)に発表された。...

Twitterのコメント(179)

>生命の痕跡を探す取り組みにおいて「この惑星は太陽系外で見つかっている中では最有力候補だ」と説明。「表面に海があるとの臆測はできないが、その可能性は十分ある」と述べた。
ハビタブルゾーン(生命居住可能領域)内にある太陽系外惑星の大気中に水蒸気が存在することを初めて確認したとする論文が11日、英科学誌ネイチャー・アストロノミー(Nature Astronomy)に発表された。
「これまで4000個余り見つかっている太陽系外惑星のうち、岩石でできた表面と水を含む大気の両方を持つことが確認されたのはこの惑星が初めて。」

恒星が赤色矮星だと
どんな風に
地球と違ってくるのかな
4000あるスーパーアースの中で岩石と大気に水が含まれるのはこの星だけ。「K2-18b」の質量は地球の8倍で、海があるかも。
生命体の存在はどうか?
可能性は高そうですが。
うふふふふふふ❤️昨日は「宇宙の日」でした🎵

そんなこと調査してないで地球が空洞であることを早く公表しなさい地震波のシャドーゾーンはそのせいですし先日「ジャイアントインパクト」説は内核圧が説より低いってことがわかりましたねこじつけだからだよバーカ😂👎
「K2-18bは、約110光年離れた天の川銀河(Milky Way)内のしし座にある赤色矮星(わいせい)の周りを公転しており」
やっぱり赤色矮星かー
濃度50%ってすごそう
金星型惑星とかじゃないよな?
この星まで行ってテラフォーミングとかできるまで何年かかるんだろう?
記事の最後に…
さらっと、生命の存在の可能性が限りなくゼロに値する事柄が。。。😰
人間のような欲深でない生命体がいるといいですね。
ワクワクするなあ😸こういう話

ただ、主星が赤色矮星だし重力も大きいだろうから地球の生命は住みにくそうな感じだな
問題は水蒸気の成分と量かなあ…。
液体の水と水蒸気を確認生命イケるやん
うおっ!すごいんじゃないか?これは!? /
水がある可能性があるが放射能もあるとのこと
生身では生活できまい
110光年?
思ってるより近いじゃんと思ってしまう17万8千光年脳。
実は地球に似た惑星はいくつかあるのかも! /
フランスパリ発信でTOKANAではないニュースです。ワクワクする
(僕にはこのソースの信頼度は分かりませんが)
やべーよやべーよ
M78星雲みたいにウルトラマンや宇宙人が住んでいそうだな。
すごい〜。
それと常々思うのは、地球を発見して、同じ様に話している人(生物?)がいるんだろうな〜。 /
地球外生命体との出会いが結構早めに訪れるかもしれない可能性が出てまいりました

『  』
赤色矮星の惑星という事は潮汐ロックがかかってしまっておるのやろ?/
な!なんだってえ〜?!
〆の言葉で、がっかりさせられるパターン(^^;
まあ、110光年も離れてたら、今の地球の物理学領域じゃ絶対行けないところだから、しょうがない…
すごー
住めそうにないな
ハビタブルゾーン(生命居住可能領域)内にある太陽系外惑星の大気中に水蒸気が存在することを初めて確認したとする論文が11日、英科学誌ネイチャー・アストロノミーに発表された。
地球から110光年か〜
自分が生きている間に、一体どこまで地球外生命体の謎に迫れるだろうか?
もしも一つだけ願いが叶うなら、私の望みは宇宙人との遭遇だなぁ。
どのような

生命が

存在するのでしょう?
スペクトル分析で系外惑星も捉えられるようになったのが驚き
おお。110光年先か…
すごい!みてみたーい!
夢があっていい!この広い宇宙には地球のような生命がいてもおかしくないよね
今さら感。水なんて宇宙にはありふれてる物質で月でも火星でも木星でも太陽系内だけでも水だらけだってNASAは知ってるくせにw(・∀・)
宇宙には惑星なんて星の数ほどあるのに4000個調べただけでもうこれなのか > “これまで4000個余り見つかっている太陽系外惑星のうち、岩石でできた表面と水を含む大気の両方を持つことが確認されたのはこの惑星が初めて。” /
魚いるかもしれませんね!
キタァァアアア!!
ハピタブルゾーン!!
移住したい…
つまり地球型生命…!
すげぇ!
見ている:/* */
地球以外にも水の惑星があるとは、ロマンがありますね。
110光年先って…

光の速度で110年は遠すぎてピンとこない、ワープ理論が実現してからの世界の話だなw
そんなことまでわかるんだねえ /
>水蒸気の正確な量は明らかではないが、コンピューターモデリングでは濃度が0.1~50%であることが示された。一方地球の大気中の水蒸気濃度は南極・北極の上空で0.2%、熱帯地方で最大4%。K2-18bは約110光年離れた天の川銀河内のしし座にある赤色矮星の周りを公転している
放射線…
系外惑星の大気なんて分かるのか。
これは...生命体は⁇
生命が存在する定義はあくまでも人類の考えた仮説。宇宙はとてつもなく広い。もしかして遠い宇宙では灼熱の世界(逆も然り)の中文明を築いてる生命体がいるかもしれない。
とにかく星の話題はワクワクしちゃう。
110光年先って言うのがネックなのよね…
コールドスリープ技術がきちんと確立されたら行けるんだろうけど今度は環境がね…
>K2-18bは、約110光年離れた天の川銀河(Milky Way)内のしし座にある赤色矮星(わいせい)の周りを公転
夢のある話、よし次はワープだ
“これまで4000個余り見つかっている太陽系外惑星のうち、岩石でできた表面と水を含む大気の両方を持つことが確認されたのはこの惑星が初めて”
エイリアンお待ちしています!
ฅ(º ロ º ฅ)オォッ!!
٩(ˊᗜˋ*)وいぇいっ!!
惑星が赤色矮星の手前に来た時、地球に届く赤色矮星の光のうちごく一部が惑星の大気圏を通過し、水蒸気の吸収スペクトルの暗線が入る、普通だと観測誤差に埋もれるぐらいの微かな暗線だが、長時間の観測データからうまく差分を取ることで、それを検出した、みたいな感じだろか
110光年のかなたに地球外生命が存在するかも。「これまで4000個余り見つかっている太陽系外惑星のうち、岩石でできた表面と水を含む大気の両方を持つことが確認されたのはこの惑星が初めて。」
【 存在を初めて確認】
ケツに入植っすな!
ハビタブルゾーンに岩石と大気と水かぁ。110光年なら比較的近いね(天文学的に
うおおおおおおおおお
これはまた胸熱情報が来たな!
いよいよ宇宙人と比武出来る時代が到来するかも。(^ω^)
すごい!すごい!
一人静かに大興奮!!!!
110光年も離れてる。。。けど行ってみたいなぁ。
〈水蒸気の正確な量は明らかではないが、コンピューターモデリングでは濃度が0.1~50%であることが示された〉(地球は南極・北極の上空で0.2%、熱帯地方で最大4%)。〈K2-18bは、約110光年離れた天の川銀河内のしし座にある赤色矮星の周りを公転しており…〉
生命いるのか気になる!
まあ、110光年となれば仮に光の速度で移動出来ても人は死んでしまうなあ笑 /
これはすーーごい発見だ😳😳😳
盛り上がってくるね🥳
んーと。なんか現象しはじめてる?
おお!!!
宇宙人いる説が優勢になるね!
これは、ほんとうに、
テンションが、

あがる!!!!!
110光年離れた 存在を初めて確認。コンピューターモデリングでは濃度が0.1~50%であることが示された。一方、地球の大気中の水蒸気濃度は南極・北極の上空で0.2%、熱帯地方で最大4%
諸君。移住先が見つかったぞ!
"論文によると、この惑星「K2-18b」は質量が地球の8倍、大きさが地球の2倍" このことから、地表面の重力は地球の何倍と考えられるか?(配点3点)
スーパーアースか。 -
そこに生命がいたら、いつかファーストコンタクトするかしら!?
↑言いたかっただけw
★ AFP=時事

じじ川柳「ホントに地球に似た星も沢山あるはずですが・・」
今日は宇宙の日かぁ
何か縁を感じる(o^^o)
放射線が多そうだから、生物は無理かな.
「約110光年離れた天の川銀河」
近っ
遊離酸素なら色めき立つけど、水があるのは「見えるのはズゴイね」くらいの感想。もちろん、あると予想することと観測することは天と地ほどの違いがあるのだけど。
惑星アストラ!?…という冗談はさておき😅 凄いね!
とても凄い事だとわかっているけど
でも。。。何だか怖い😱
110光年だと、レッドライン等のバイオマーカーどこまで分かるんかな?
110光年先にあるって、1040兆6803億5198万3800kmって事なんだって。
今は1光年移動するのに2万年近くかかるらしいよ。移住は出来ないのね
別の星に移住するということは侵略ではないのか、とか
4000個余りの太陽系外惑星のなかで岩石惑星で水蒸気がみつかったのは初めてだそうです。
質量が地球の8倍、大きさが地球の2倍。…「大地球」!
練馬美大から自転車掘り起こさないと大変だよ!w
水が液体の状態で存在するそうだが
大気が水素/ヘリウムリッチなので
酸素が…
110光年先で赤色矮星に近所か。
核電池でイオンクラフトで探査機
探査機打ち上げても到着までに人類滅びてそうな予感
綺麗な星…

この星は、争いや戦争のない、平和な星かなぁ。
今日は めっちゃ っぽいニュースが飛び込んできました!



2019年9月12日 4:33 発信地:パリ/フランス [フランス,ヨーロッパ]
すごいや!おったまげ
「これまで4000個余り見つかっている太陽系外惑星のうち、岩石でできた表面と水を含む大気の両方を持つことが確認されたのはこの惑星が初めて」
凄いなぁ。
110光年先の大気中の水蒸気をどうやって計測したのだろう。
猛烈な重力で人間は住めまい…
こういう話にワクワクするようになった…
お、お、お、お!

遥かなるイスカンダル!!
つまり地球外知的生命の神話伝承があるかもしれ…
110光年先のスーパーアース。ハッブルの分光データをもとに分析 / “ News”
110光年先の地球型惑星に水蒸気の存在が初めて確認されました!!雲があり雨が降っている可能性も。

発見されたなかで地球に一番似てると言ってもよさそう。

暗い恒星のすぐ近くを回っている惑星なので、空を見上げると大きな赤い星が浮かんでいるように見えると思います。
おはようございます!今日は宇宙の日だそうです。ちょうどそんな日に、初の発表がされていて驚いた朝です🤔
週末まであと少し、無理せずお過ごしください✨
惑星「K2-18b」は質量が地球の8倍、大きさが地球の2倍で、液体の水が存在できるハビタブルゾーン内で恒星の周りを公転している。
何これ激アツニュースちゃいますん
見つかるなら、トラピストワンの惑星だと思ってた。この惑星の恒星も赤色矮星なんだな~。
シシ座系だと理解しました
素晴らしい発見だが、地球型とは言え、確実に適応できるとは思えん。まだまだ無数に発見されるだろうしね。
これはすごい
110光年彼方の惑星に水蒸気。
地球型系外惑星 K2-18b の大気から水蒸気が検出されたというのがニュースになっておる
"しし座にある赤色矮星の周りを公転しており、有害な放射線を地球よりも多く浴びているとみられている"
「惑星「K2-18b」は質量が地球の8倍、大きさが地球の2倍で、液体の水が存在できるハビタブルゾーン内で恒星の周りを公転」
存在を初めて確認(AFP)


…K2-18b(110光年、しし座)とのこと
水蒸気!すごい!
110光年!ちょっと遠い!
すごい!そんで気温も0度から40度ってたから地球よりすごしやすいぞ!
『「K2-18b」は質量が地球の8倍、大きさが地球の2倍で』重力強くて小型生物か強靭な骨格の生物がたくさんいそう。
調べて人が住めそうだったら今度はこの惑星に行くつもりか。やめてあげて
「表面に海があるとの臆測はできないが、その可能性は十分ある」 AFP
すごいな!移住できるかも!
110光年先に気軽にいければな!
>ハビタブルゾーン(生命居住可能領域)内にある太陽系外惑星の大気中に水蒸気が存在することを初めて確認
2020年宇宙の旅
まずは地球外生命体存在の確認まで、あとは詰めろ!の作業かな。。
こういうの見ていつも思うんだけど、星をみるより、衛星が飛んでるか見たほうがいるかどうかわかりやすくない?
系外惑星で水蒸気の存在が確認されました。
また一つ、宇宙のロマンがまた一つ拡がりました。
きっとどこかの惑星でも地球🌎を観測して生命がいるかもしれない…って議論してるんだろうな
ハビタブルゾーンに水の惑星!∑(゚Д゚) /
110光年彼方の地球型惑星と→
わくわく
こういう話題ほんとめっちゃ好き
夢があるなぁ
地球外生命がいてもおかしくはない
なんだかロマンあるね
中心星は赤色矮星か…。やっぱりいつかはG型星(太陽型星)のまわりこういう惑星が見つかってほしいですね。さて、仮に水蒸気濃度が50 %だとすると、どんな世界が広がっているのだろう…? ー
絶対に通信とか送るなよ?(´・_・`)


我らが征くは星の大海
これはひょっとして...と期待してしまう。
インターステラー見たい
獅子座♌️始まったな



約110光年離れた しし座
@afpbbcom
いったいどんなんだろう。サイエンス「ノン」フィクションだね。
😍😍😍❗️❗️❗️❗️❗️もういるだろこれは。地球外生命体はいるな🥺❣️
土地買っとくかな
K2-18bは、約110光年離れた天の川銀河内のしし座にある赤色矮星(わいせい)の周りを公転しており、有害な放射線を地球よりも多く浴びているとみられている。
わくわく(๑˃̵ᴗ˂̵)
しし座の方らしいからレオとアストラがいるかも。
110光年か。
遠いな....
この太陽系外惑星「K2-18b」には、水の他にどんな物質が含まれているのだろうか?
いつか分析化学の出番になるのかな。
すごいことだよね!
世紀の発見じゃない?🌏
110光年先かぁ。
あ、これや。この記事を読んでたんや。(;^ω^)


存在を初めて確認
110光年先ということは、太陽系側の領土じゃなくて隣国になるか。居住性は50%以上と見ていい(Stellaris脳
ケプラー宇宙望遠鏡が発見したスーパーアースK2-18bは、岩石でできた表面と水を含む大気の両方を持つことが確認された。太陽系外惑星で岩石でできた表面と水を含む大気の両方を持つことが確認されたのは初めて:
>水蒸気の正確な量は明らかではないが、コンピューターモデリングでは濃度が0.1~50%であることが示された。一方、地球の大気中の水蒸気濃度は南極・北極の上空で0.2%、熱帯地方で最大4%
>赤色矮星の周りを公転
凄いね…
いよいよ地球外生物やら、宇宙への移住やらが現実味を帯びてくる…
腐れ者の、進次郎や萩生田光一や橋本五郎を忘れさせてくれるニュースじゃっっっ。/
AFP9/12:ハビタブルゾーン(生命居住可能領域)内にある太陽系外惑星の大気中に水蒸気が存在することを初めて確認したとする論文が11日、英科学誌ネイチャー・アストロノミーに発表された。 →
凄ぇー🛰🚀🛸🤣
おおお 生命はどうだろ 110光年か
これまで4000個余り見つかっている太陽系外惑星のうち、岩石でできた表面と水を含む大気の両方を持つことが確認されたのはこの惑星が初めて。【記事より】
以上

記事本文: 地球型惑星に水蒸気 存在を初めて確認 写真2枚 国際ニュース:AFPBB News

関連記事