TOP > 国際 > ISが米軍撤退のシリアで「復活中」、米当局が報告書 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

ISが米軍撤退のシリアで「復活中」、米当局が報告書 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

29コメント 2019-08-07 12:14 | AFPBB Newsキャッシュ

【8月7日 AFP】米国防総省監察官室は6日、米軍が撤退を進めるシリアでイスラム過激派組織「イスラム国(IS)」が「復活」しており、隣国イラクでは攻撃実行能力をすでに強固なものとしていると報告した。...

ツイッターのコメント(29)

シリア北部の油田はクルド人自治区と民主化勢力暫定政府の支配地域にほぼ集中しており、アサド政権は原油不足で逼迫している。
バース党繋がりから、アサド政権がISを支援していることはほぼ間違いない。
ISが復活すれば、アサドは民主化勢力攻略と盗掘原油獲得で一石二鳥。
どちら側も大本営発表の合戦なので、この種のニュースの判断は難しい。:  写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
復活するIS。とはいえ、米軍が再度展開するかはあやしげな気が。
日本のマスコミは、まだ、IS という謎呼称を使うのね( ̄▽ ̄;)
元の記事通り、ちゃんと ISIS って呼称使おうよ(-_-)
ISが米軍撤退のシリアで「復活中」、米当局が報告書米主導の対IS有志連合は、イラクとシリアにISの「構成員」が1万4000~1万8000人存在し、うち3000人が外国人と推定している。
なんだかんだ言って、アメリカは強い。
中国、韓国、北朝鮮、ロシアの援助で?と思わなくもない騒ぎだよね、内紛が。
本物の爆破テロが日本で進行中と思いながら動いたほうがいいのかもね。
>>アメリカ製の武器を使う勢力がまだISの認識なのか?
まだいるんか🤔🤔🤔

ISが米軍撤退のシリアで「復活中」、米当局が報告書(AFP=時事)
完全に撤退の時期を間違えたよね。最もちゃんと終わらせるまでやっていたとしても別組織ができて大暴れするってだけなんだけど。中東はずっとそう。
シリアでIS復活、イラクが支援か?
アメリカのテロ、日本でも10月に天皇陛下の即位パレード、オリンピックも絡んできますので、大変心配ですね。
日本も入国審査などは十分セキュリティに気を付けて欲しいものです。
@mari_318wanko やっぱりディープステイトのテコ入れですかね(*´・ω・`)b
しつこい…『ISが米軍撤退のシリアで「復活中」、米当局が報告書』
米主導の有志連合の空爆支援を受けたイラクとシリアの部隊の活躍で支配地を大きく減らしたものの、現地部隊の弱点に付け入り勢力を伸ばしている。イラクとシリアにIS「構成員」が1.4万~1.8万人存在、内3千人が外国人と推定
誰だ根絶宣言したアホは🤣

ISが米軍撤退のシリアで「復活中」、米当局が報告書(AFP=時事)
太平洋一人ぼっちの様な環境で、どうやって縦横の連携を取っているのか不思議だ。
»
以前アメリカとかがISを支援してるって話も聞いたけど
今はどうなんでしょう?
シリアの一般市民が可哀そう、もうやめてほしい。
-

「今四半期の間にイラクで攻撃実行能力を強固なものとし、シリアで復活している」
シリアで米軍撤退した後にISが復活しているけど中東情勢大丈夫なのかな。
今はイランが核開発しているし外国のタンカーを捕まえたりして有志連合もできている。
このまま会見して日本も中東に介入していくと思うと不安で仕方ない。
安倍政権の改憲に反対するべきだ!
困りましたねぇ。
近代国家の世界で皆殺しとかって話はないわけで
イスラム圏の人たちに説得していってもらうしかないんだろうけどな
ISが欧米列国の隠れ蓑という話は多い 今更復活させたということはイランへの口撃材料にでも使うつもりか?
ロシアとアサド政府シリア以外のは関わらなくていい。
IS国とシリアロシアのクズ国同士で殺し合えば世界平和のためにも一石二鳥。
「イスラム国」が米軍撤退のシリアで「復活中」米当局が報告書
米軍が撤退進めるのシリアでISが「復活中」、米当局が報告書。米主導の対IS有志連合は、イラクとシリアにISの「構成員」が1万4000~1万8000人存在し、うち3000人が外国人と推定している。 AFPBB News
両国におけるISの戦略は「失った領域内で混乱を巻き起こすこと」と、地元の治安部隊が「実質的な支配を確立し、治安を維持する」ことを防ぐことだという。
2019年8月7日

米国防総省監察官室は6日、シリアでISが「復活」、隣国イラクでは攻撃実行能力をすでに強固なものとしていると報告

ISの「構成員」
イラクとシリア 1万4000~1万8000人
うち3000人が外国人と推定
@afpbbcom
"またISが「態勢を立て直し、活動を維持する」ことを可能にしている一因に、現地部隊が「長期的活動を続けたり、同時に複数の作戦を実行したり、敵を一掃した領域を維持したりすることができない」点を挙げた。"
以上
 

いま話題のニュース

PR