TOP > 海外ニュース > AFPBB News > ノートルダム大聖...

ノートルダム大聖堂のミツバチ、大火災を生き延びる 写真4枚 国際ニュース:AFPBB News

27コメント 登録日時:2019-04-19 16:57 | AFPBB Newsキャッシュ

【4月19日 AFP】フランス・パリのノートルダム大聖堂(Notre Dame Cathedral)で飼育されていたミツバチ約20万匹が、大火災の被害を免れていたことが18日、明らかになった。...

Twitterのコメント(27)

「パリでは、ミツバチの飼育に適しているとは思えないような場所での養蜂が盛んになっており、オペラ座にも‥‥」って、いつから盛んと言うこと?19世紀?まさか13世紀からのこと?/
養蜂されてたの知りませんでした。
生きてて良かった!
悲しいニュースの中に、小さな癒し😢🐝
生きててくれてよかった…!☆
頑張った!🐝
ミツバチさんすごい🐝✨
「衛星写真で巣箱が残っていることが確認できた。そして、大聖堂の広報担当者から「ハチが巣箱を出たり入ったりしている」と聞いたという。」奇跡のハチミツを作ってくれそうですね。
朗報of朗報:ノートルダム大聖堂の 、大火災を生き延びる
あの大火災でミツバチが生き延びたのもびっくりだけどノートルダム大聖堂でミツバチが飼われてたことの方がびっくり
嬉し😂に🐝💚
「ミツバチ約20万匹が、大火災の被害を免れていた」パリは養蜂が盛んなお土地柄。
神は炎のなか健気に生きる小さな命を守り賜う。
良かったねぇミツバチ君🐝
蜜蝋作るために養蜂されているとは知らなかった。でもよかったねえ!*(*´▽`*)
ミツバチ飼ってたとは初耳🐝🍯→
私リュクサンブール公園で養蜂場に近づきすぎて蜂にほっぺ刺されたのw
それが人生初の蜂刺されだったw
ハチミツも無事?
マニアックなニュースだなぁ

-
養蜂してたんかい。でも良かったなあ。。
みつばちおったんやぁ。無事でよかったねぇぇ。
のミツバチ、大火災を生き延びる
パリ市内中心部の住宅で、壁をガラス張りにしたり窓を二重にしたりして蜜蜂を飼育しているのを何かの番組で見たことがある。

皆普通に蜜蜂と暮らしている感じだった。

でも世界遺産の寺院の中でも飼っていたなんてちょっと驚き。

無事でよかったね…🐝🌟🐝🌟
蜂🐝も無事!
これはよかったねえ!!(*^_^*)
フランス・パリのノートルダム大聖堂で飼育されていたミツバチ約20万匹が、大火災の被害を免れていたことが18日、明らかになった。建物を包み込むほどの火災をハチが生き延びたのは奇跡だと養蜂家は話している。
良かったねえ(*´꒳`*)

 写真4枚 国際ニュース:AFPBB News
建物を包み込むほどの火災をハチが生き延びたのは奇跡だと養蜂家は話している。巣箱は、大聖堂に隣接する聖具室の屋上に3つ設置されており、巣箱1つから毎年約25キロのハチミツが採れ、大聖堂の職員などに販売されている
あんなところで養蜂なんてしてるのか(´・ω・`)
以上

記事本文: ノートルダム大聖堂のミツバチ、大火災を生き延びる 写真4枚 国際ニュース:AFPBB News

関連記事