TOP > 国際 > 工場で「再教育」、新疆でイスラム教徒に強制労働 中国 写真2枚 国際ニュース:AFPBB News

工場で「再教育」、新疆でイスラム教徒に強制労働 中国 写真2枚 国際ニュース:AFPBB News

22コメント 2019-03-27 16:17 | AFPBB Newsキャッシュ

【3月27日 AFP】中国・少数民族カザフ人のグルジラ・アウエルハン(Gulzira Auelkhan)さん(39)がせっせと手袋を縫っていた新疆ウイグル自治区(Xinjiang Uighur Autonomous Region)にある工場は、手袋がどこへ売られるのか隠していなかった。...

ツイッターのコメント(22)

中国はウイグルの何を脅威としてるんだろう、帝国として
写真を見ただけで不愉快になる。
イスラム諸国は何故怒りの声を挙げない?中国からの支援を受けているために非難できないのだろうか。
民族=宗教=国家というわけにはいかないよね。まあこれから変なふうにこじれていくんだろうな。
″ 中国政府と新疆当局は、収容施設と最低賃金以下での労働との関係を否定。「教育訓練センターと企業の間には労働契約は存在しない」″ 和田泰達は先日のAP報道で疑惑が明らかに。収容問題と私たちは無関係でない。
現代版アウシュビッツ...
人権弾圧虐殺する中国共産党の習近平氏を国際社会が裁いていただきたい!
「収容所の生活は悲惨で、トイレに2分以上入っていると電気棒で頭を殴られたという。」
この記事、「カザフスタンのアルマイトで、AFPのインタビューに応じた」云々という記述があるけど、多分アルマトイの間違いだよな……?これは、よくある間違い。もしや、俺が知らないだけでアルマイトも存在する…?
世界は黙っていてはいけない。どんなにお金があるか知らないが、世界の国々は、童話の中のイヤーな金持ちをのさばらせといていいわけないだろう。世界を変えろ。中国マネーより大事な、人権はどこへ行った。世界史の汚点として残される国だ。
>「手袋は外国に売るためのものだから良い仕事をしろと大っぴらに言っていた」と当時を振り返る。アウエルハンさんは、「再教育」施設の職員らに強制的に働かされていた

強制労働
ISやアルカイダは西欧雨より中国行くのが本当じゃない、所詮金の為か。
中国、イスラム教徒に強制労働か
ニュース
収容所の生活は悲惨で、トイレに2分以上入っていると電気棒で頭を殴られたという。
イスラム教徒との理由で強制労働。フェアトレードの道のりははるか。
こんな国が世界GDP2位だって言うんだから笑っちゃうよな≫
AFPによれば
国連の専門家パネルによると、中国・新疆各地にある「中国政府が『職業訓練センター』と称する」収容所にはイスラム教徒の少数民族が100万人以上いるという。被収容者は主にウイグル人だが、カザフ人やキルギス人、回族も含まれている。
新疆ウイグル自治区 再教育施設の実態 "最低賃金をはるかに下回る賃金での労働" "トイレに2分以上入っていると電気棒で頭を殴られ" ※こういう話は枚挙に暇がない。逆らえば"イスラム教徒のテロ"とされる¥¥¥¥¥¥¥ /
うえー、奴隷じゃねえか…。//
「収容所の生活は悲惨で、トイレに2分以上入っていると電気棒で頭を殴られたという。」◆
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR