TOP > 海外ニュース > AFPBB News > NZモスクの銃乱...

NZモスクの銃乱射で妻を殺された男性、「銃撃犯を許す」 写真9枚 国際ニュース:AFPBB News

112コメント 登録日時:2019-03-17 20:02 | AFPBB Newsキャッシュ

【3月17日 AFP】ニュージーランド南島のクライストチャーチ(Christchurch)で15日に発生したモスク(イスラム礼拝所)の銃乱射事件で、妻を殺害された男性が銃撃犯に対する憎しみはないと述べ、許しこそが前に進む最善の方法だと訴えた。...

Twitterのコメント(112)

罪を憎んで人を憎まず
NZモスクの銃乱射で妻を殺された男性、「銃撃犯を許す」「寛大な心を持ち、他者を思いやって助け、人類を破壊するのではなく救う人になれる大きな可能性が、彼自身の中にあると伝えたい」(アフマドさん)
「寛大な心を持ち、他者を思いやって助け、人類を破壊するのではなく救う人になれる大きな可能性が、彼自身の中にあると伝えたい」
あなたが許しても、大半の人間は許さないよ。
オセアニアでの社会の分断の始まりとなる事件だな。
預言者ムハンマドsawのよう😢
素晴らしすぎて心が痛くなった。【 】 @afpbbcom
我が身を同じ立場において考えると、とても本心とは信じられないが、今後の同胞の立場が良くなることを敢えて行ったのは大変立派なことだと思う。
夫婦仲悪かったん?
…大変勇気と慈愛に満ちた方だと思うけれど、大抵の人はそんな「物分りの良い人」ばかりじゃないのがね(汗)。>
なんて成熟した人なんだろう
私も少しでもいいから近付けるよう精進したい。
これがイスラムを信じる人格者の言葉だ
キリスト教原理主義者達、彼らの働きはあなた達クリスチャンと同じではありませんか?邪教だの異端だの言う前に、彼らの行動を見て下さい
「許しこそが前に進む最善の方法」
NZモスクで妻を殺された男性、「銃撃犯を許す」

"أنا أسامح الرجل"
"أريد أن أبلغه أن لديه إمكانيةكبيرة لإنجاء البشرية لا تدميرها"
فريد أحمد
الذي فقد زوجته في حادثة نيوزيلندا

「人類を破壊するのではなく救う人になれる大きな可能性が、彼
え…宗教観もあるのかもだけど😳
ちょっと自分には無理だなぁ

NZクライストチャーチで妻を殺害された男性が銃撃犯に対する憎しみはないと述べ、許しこそが前に進む最善の方法だと訴えた
自分に当てはめて考えたら同じことはできないことは間違いない...
慈悲がすごい。。
すごすぎて言葉が出てこない…
許しこそが前に進むために必要だっていうのはすごく共感するんだけど、事件発生から数日で、妻を殺されても恨む気持ちや憎しみは無いと断言できるところがすごい。。
結局熱心に信仰しても、殺されたり障害児が病児が生まれてくる未だに宗教や信仰に意味が見いだせない
聖人か
アフマドさんは「そうした前向きな素質を自分自身の中に探してみてほしい。いつの日か彼が素晴らしい市民となれるよう望み、そう祈っている」と述べタラント容疑者に対する恨みは「全くない」と→NZモスクの銃乱射で妻を殺された男性「銃撃犯を許す」
*「NZモスクの銃乱射で妻を殺された男性、『銃撃犯を許す』」

… 3月17日付の AFP 通信より。
こういうケース加害者にも救いや治療が必要なんだろうな…線引きはどことかコスト(税金等)に比して社会的便益はどうなのかとか色々難しいが…
NZの銃乱射の被害者の夫が加害者に対し、

"「一人の人間として愛すると彼に伝えたい」容疑者を許せるかとの問いには「もちろんだ。最善なことは許し、寛容であり、愛情と思いやりを持ち、前を向くことだから」"

配偶者を差別的に殺されてこう言えるなんて尊敬しかない...
イスラム教の人たちは本当に信仰心があって愛の溢れる人たちだ。偏見を煽ったり、ヘイトを助長したり、分断工作をして来たのは誰だ?日本でも行われている。そろそろ気付こう。
@ssomurice_round
一見美談に見えるこの報道もやはり「米国民主党」とやらの差し金なんでしょうね…
…『赦し(許し)ある社会』が齎す、真の未来の一路。
スゴいな
肯定も否定も簡単にはできることじゃないけど
なんというか、オレには無理
こういう人は立派だと思うし彼を否定する気はないけど「テロ犯に家族を殺されて許さない。テロ犯になにがあろうが復讐してやる。絶対に許さない」って人はメディア的におよびでないし報道されないのはもやもやする。
銃撃後、近くの教会で異教徒であるムスリムの人たちの追悼ミサが行われてたよな。宗教は人を幸せにするために存在するもんだ。あり方としては正しい。イスラム原理主義で宗教により殺人をする連中もいる。双方に過激な狂信者が存在するんだよな。
怒りや恨みを持ってもいいことがないが、この人みたいに愛する人を殺されても恨まない人は強い。
慈悲深き神よ…
なんと深い慈悲の心を持った人がいたものか!
現世は天国へ行くための修行のようなものだし、奥さんの行いは天国行き確定って感じでむしろ喜ばしいこと、と考える宗教というだけの話。同時に私ら異教徒は銃撃犯と共に死後地獄行きだと信じてるわけで聖人化は…… / “NZモスクの銃乱射で妻を殺された男性、「銃撃犯を許…”
どうしたらこういう心境になれるのか…私は真似出来ないと思う。
宗教とは正義に酔い血に飢えた狂信者を産み出すが、人をこういう境地へ導くものでもあるなと思った。
“……タラント容疑者を許せるかとの問いには「もちろんだ。最善なことは許し、寛容であり、愛情と思いやりを持ち、前を向くことだから」と答えた……
このようなひともいる。見習いたいものだ。

NZモスクの銃乱射で妻を殺された男性、「銃撃犯を許す」(AFP=時事
こんなに素晴らしい考えを持っている方の家族を殺すなんて、自分の思想の狭さに恥を知れ。→
「最善なことは許し、寛容であり、愛情と思いやりを持ち、前を向くことだから」と
もっと深掘りした記事が読みたい。
だからって本当に犯人のしたことが許されるわけじゃない。でもイスラームの中にこのような心を持った人がいるということ @afpbbcom から
AFPBB★
「和解と赦し」:宗教的観念からのものなのだろうか。罪と罰、厳しい戒律と寛容、
なかなか言えない、パリの銃撃事件のときもこの愛ある言葉を聞いたけど、ほんと考えさせられる。
読んでいて涙が止まらなくなった。自分の愛する家族を殺害した犯人に向かって「一人の人間として愛する。」とまで言っている。なんて深い愛を持った方なんだ。差別や迫害が如何に愚かなことか自分達は深く理解しなければならない。
読んで泣いてしまった。
「前向きに」と許せるこの男性、どのように生きてきたのか?ここまでなぜ寛容になれるのか?
まだまだ私はドス黒い人間なんだと思い知らされる記事です。「素直に記事を信じれば」の前提付きですが
自分はまだ未熟者なのでこういう心境には到底なれず「犯人をこの手で絶対殺してやる」しか考えないし何年かけても絶対に実行すると思う。でもこの記事見るとそういう自分の人物としての小ささも同時に感じてしまう。
この人は勝者だね。
わたしは白人至上主義者、人種差別主義者を心の底から軽蔑するが、いまのところ敗者だ。
僕、こんな人間になれる自信はないよ...。
何事も忙しく回る時代にこそ誰かを赦す心が必要なのかもね
凄いな。この人は確実に救われている。敵の赦しを祈ったキリストと同様、憎しみに対して憎しみを返さない赦しの心が、世界を救う。
すごいなこの人
これが敬虔というものか。この方々に代わり、更なる不幸を最大に抑止するのが国家三権の役割だろう。
すごい考え方を持ってるなぁ
こういう話を聞くと、信仰を持つことの強さを感じる。
僕には到底不可能です。

NZモスクの銃乱射で妻を殺された男性、「銃撃犯を許す」(AFP=時事)
自分は無宗教、無神論だけどこれは信仰がなせるわざなのか。自分は小さい人間だからちょっとした事でも許せなかったりするな。許すということを考えてみよう
なんてことだ...
こんな心境になれることが凄い。涙が出そう😿
タラント容疑者を「一人の人間として愛すると彼に伝えたい」〜容疑者を許せるか〜「もちろんだ。最善なことは許し、寛容であり、愛情と思いやりを持ち、前を向くことだから」(引用)
NZモスクの銃乱射で妻を殺された男性、「銃撃犯を許す」:AFPBB
凄い魂の持ち主だ
ここ数年で最高の報道だな。
イスラムの寛容と慈悲の心★
妻を殺されたアフマドさんのタラント容疑者への言葉

「一人の人間として愛すると彼に伝えたい」「最善なことは許し、寛容であり、愛情と思いやりを持ち、前を向くこと」
「人類を破壊するのではなく救う人になれる大きな可能性が、彼自身の中にあると伝えたい」
記事全体が衝撃的だったけど、
"アフマドさんは、自分が降り注ぐ銃弾を免れられたのは、銃撃犯が他の標的に執着していたためだと考えている"
の後の段落が(ここに引用したくないほど)辛い文だった。
これほどの寛容さを人は持てるのですね〜
ただただ・・・( ; _ ; )
…どんな神を信じていたとしても、この状況でなかなか言える事ではない。

本物の信仰心とはこれほど人を偉大にするものなのか。

私の中のムスリムのイメージは、今後彼の言葉に集約されていくだろう。
/“タラント容疑者を許せるかとの問いには「もちろんだ。最善なことは許し、寛容であり、愛情と思いやりを持ち、前を向くことだから」と答えた”←なかなか言えることではないよなぁ。尊い。
こんな人もいるんだね。

適切な言葉が見つからないよ。

凄い人。
私が同じ状況なら犯人を許せないだろう、この方はただただ凄い。
色んな意味でシナリオ通りなんだよね‼️
この人のことが頭から離れない。憎悪の連鎖は終わらせなければいけないと頭で分かってても、自分がこの人の立場だったらこのタイミングでこんなこと絶対言えない。
凄いな……私もここまでは寛容になれない。
でも、憎しみが憎しみを更に生むというのは事実だからな。
そこまで寛大になれるもんか……
【人を赦すこと。】

モスクでの礼拝中に起きた銃撃事件について。

イスラム圏に積極的に撮影に行っていましたが、
祈る姿、所作は常に美しさを孕んでいました。
人間的に強い人が多い。

@afpbbcom
こんな事中々言えない。
人に出会う事って大切だなと思う。
目には目だけではないのだなぁ

>

> 「妻は自分自身のことは顧みずに、他の人たちの命を救おうと奔走していた」

> アフマドさんは、タラント容疑者を「一人の人間として愛すると彼に伝えたい」と語った

@afpbbcom
[許しこそが前に進む最善の方法だと訴えた。]
だそうで...。事件が起きてまだ間もないのに、どうやって、この言葉を絞り出したんだろうねぇ。泣けるねぇ...。すごいわ。本当にすごいわ...。
こんな人いるんだよほんとに
いや、勝手に許すなよ。
赤の他人が殺された程度だから、許しってか?
「最善なことは許し寛容であり、愛情と思いやりを持ち前を向くことだから」「寛大な心を持ち他者を思いやって助け、人類を破壊するのではなく救う人になれる大きな可能性が、彼自身の中にあると伝えたい」
こういうのが今の日本に足りない気がするんだ。
いたたまれない…。
このような心が我々にも持てるのか…
許せる人間になりたかった。
さらにアフマドさんは、「そうした前向きな素質を自分自身の中に探してみて欲しい。いつの日か彼が素晴らしい市民となれるよう望み、そう祈っている」と述べ、タラント容疑者に対する恨みは「全くない」と付け加えた。
>「1人の人間として愛すると彼に伝えたい」
>容疑者を許せるかとの問いには「もちろんだ。最善なことは許し、寛容であり、愛情と思いやりを持ち、前を向くことだから」
俗人にはとても達し得ない境地だと思うが……死刑廃止国の人ってみんなこんな人達なのか? 逆に死刑廃止は無理だって気がしてきたぞ。俺こんな風には絶対なれないもん。
僕は無理。理性では理解できても、感情では受け入れられない。だからこの男性の判断の善悪はわからない。でも法には従う。難しいな。 / “ News”
>「寛大な心を持ち、他者を思いやって助け、人類を破壊するのではなく救う人になれる大きな可能性が、彼自身の中にあると伝えたい」(アフマドさん)
私はこの心境にはなれないかもしれないけど、ムスリムの人たちが「イスラム過激派は間違っている」と強調するのは頷ける。
なんと。人の命に対して厳粛であるとはむしろこういう態度かもしれない。
奥さまを殺されて日も経っていないのに。なんという……。許し……か。泣きたくなる。
何か、自分が腹立たしく思ってることが塵レベルに思えてきた。
妻を殺害された男性が
銃撃犯に対する憎しみはないと述べ、
「許しこそが前に進む最善の方法」だと訴えた。
「許しこそが前に進む最善の方法だと訴えた。」
なんて慈愛に満ちた人なんだろか。
気でも狂ったか、と僕は最初思った。イスラム教でも、自分に対して罪を犯す人間を赦す事の尊さを教えて居るのか?僕はキリスト教徒だが、何であれ自分を害する人間は、メチャ絶対に赦せない。
なんで…なんでこんなことが言えるんだ…

奥さんを失ってもこんなことが言えるのか…
小学校で起こった銃撃事件により我が子を殺されたアーミッシュが、それでも犯人を許しその家族と寄り添った事を思わせるなぁ。合掌。
加害者の憎しみに対して憎しみで返しても負の連鎖に終わりはない。勇気ある決断をする人もいる。

NZモスクの銃乱射で妻を殺された男性、「銃撃犯を許す」(AFP=時事)
以前、イスラム教徒のパキスタン人男性に、「イスラム教の教えとは愛LOVEなのです。」と力説されたことを思い出した。
目には目を、歯に歯を。ではないのだな〜、という感慨。
強いなこの人
人として、人を信じる。真の勇者。
以上

記事本文: NZモスクの銃乱射で妻を殺された男性、「銃撃犯を許す」 写真9枚 国際ニュース:AFPBB News

関連記事