TOP > 国際 > ネットデマ生んだ恐怖人形、昨年に処分 日本人制作者が明かす 写真2枚 国際ニュース:AFPBB News

ネットデマ生んだ恐怖人形、昨年に処分 日本人制作者が明かす 写真2枚 国際ニュース:AFPBB News

27コメント 2019-03-05 12:46  AFPBB News

【3月5日 AFP】インターネット上で最近拡散している「モモ・チャレンジ(momo challenge)」と呼ばれるデマで使用された不気味な人形を制作した日本人アーティストが4日、AFPの取材に応じ、...

ツイッターのコメント(27)

妖怪大戦争またやるんなら
リンクファクトリーさんの
姑獲鳥を出して欲しい
なんならほかの妖怪も
世界中を恐怖におとしいれたんだから

 写真2枚 国際ニュース:AFPBB News
妖怪「うぶめ」かぁ。
ネットの噂話の方がバケモノみたい
よくできてると思うし 不謹慎だけどデジタルだとかAIだとか言ってる割には 大昔からあるアナログなことやってて保護者の無知ぶりにワロタ
お前、、、消えたんか、、、
これは造形だけで怖い…
いつぞやのはデマだったのか、よかった
この顔、確かにネットで見かけたこたある。本来の全体像を見たら、うぶめという妖怪人形だということが分かる。
ちょっと安心した。
(ただ、変な方向に画像が流れているらしいので、それは不憫です)
確かに不気味だけど見ようによっては愛嬌のある表情にも見えるンゴ
これニュースで突然出てきた時めちゃくちゃびっくりしたやつ……
ビビりちゃうけど悪夢みたし😂クソ(笑)
モモチャレンジの人形って姑獲鳥がモデルなんだ…
デマだったんかいっ! >
妖怪をモチーフにした実物が劣化から処分されてその後に都市伝説として蘇るとか、まさに物怪。
>人形は高さ約1メートルのシリコン製で、2016年に東京・銀座で開催された幽霊をテーマとした展示会で初めて公開されたが、当時はあまり注目されなかった。相蘇氏は、人形は劣化したことから昨年に処分したと説明。

シリコン製か……3年保たないのも納得。
「モモ・チャレンジ」というデマで使用された人形の製作者は、この人形は出産時に亡くなった女性の妖怪「うぶめ」を基に作った。劣化により昨年破棄しており、また人を傷つけるためのものではなかったと説明した
この人形、夢に出てきそう
画像の元ネタとデマは無関係だったのか。
勝手に画像を使われて有名になっちゃったという点ではSCP-173を思い出すな
余計なお世話だけど「出産時に亡くなった女性」って書くと、捉えようによっては水子みたいじゃない? 妊婦って明記した方が誤解招かなくない?
「モモ・チャレンジ」は都市伝説で、恐ろしい鳥の元ネタは日本のアート作品だった。
何か創作物の意図に反して、遊ばれるのは悲しい。
あと、タイトルが気になる。ネットデマを生んだのは人形ではなく調べもしない愚か者だろ。
こんな現代でも、群集心理というものが働くという事。
人間はまだまだ未熟である。いわんや中世時代の魔女裁判をや
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR