TOP > 国際 > 海水淡水化、真水上回る量の有毒物質発生 「酸欠海域」形成の恐れも 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

海水淡水化、真水上回る量の有毒物質発生 「酸欠海域」形成の恐れも 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

68コメント 登録日時:2019-01-15 12:58 | AFPBB Newsキャッシュ

【1月15日 AFP】世界中に散在する1万6000か所以上の海水淡水化(脱塩)施設は、生産される真水よりはるかに多量の有害な汚染物質を発生させるとする、この分野の産業廃棄物に関する初の世界規模の調査結果が14日、発表された。...

Twitterのコメント(68)

海水から精製真水を作るのが安いのか?川の水からが安いのか?当然、後者だけど、、、
まあ、そうなるよね。自然に逆らうということは。=>>
下水処理場からの排水が綺麗すぎて河口の栄養価が下がって水産業に打撃、って話もあったけど、バランスって難しいよね(´・ω・`)
調べてきた、蒸発させて冷やして真水を得る装置で最大規模は1日100万トン
熱源は石油採掘時に出る不要なガス燃焼だったり火力発電所の復水。
水蒸気を冷やすのは海水できるのは塩、有害物質は?

@afpbbcom
大変危機感溢れる記事だけど、海の塩分濃度等が結果としてどうなっているか(現時点の汚染状況)が"かもしれない"しかなくてげんなり。それやるから"記事じゃ読んでも判らん"って結論しかでない
世界中に散在する1万6000か所以上の海水淡水化(脱塩)施設は、生産される真水よりはるかに多量の有害な汚染物質を発生させるとする、この分野の産業廃棄物に関する初の世界規模の調査結果
この分野、韓国企業が世界1位でしたよね。別の理由から売却の噂も出ていましたが、どうなんだろう。少し調べてみよう。

@afpbbcom 님이 공유
滅亡に近づく話がここにもw
ほほぅ…興味深い。>>
『あちらを立てればこちらが立たず』?!
環境問題は難しい…
一筋縄ではいかないものです。
確かに濃縮すると,毒性が生じる場合もあるなあ。
そうなんだ!
高濃度塩水を海に排水せず塩田に使えば良い。工業用塩を同時に生産すれば問題は解決される。
研究として貢献できそうな話…
海水淡水化による海洋汚染 真水を作ると濾しとられた塩や他の物資は海に戻(投機)される。これが思ったより深刻らしい。エネルギー使うとは聞いていたが、1Lの水作るのに1.5Lの廃棄物が出るのね。砂漠の緑地化などでどんどん使われると海水の酸素不足も引き起こすらしい。深刻。
~~淡水化で発生する有害ブラインの50%以上が中東の4か国から排出されており、サウジアラビアが22%、UAEが20.2%、クウェートが6%、カタールが5.8%となっている。
>海や汽水河川から真水を1リットル抽出するごとに、1.5リットルの塩分濃度の極めて高い懸濁液(ブライン)が海洋や土壌中に直接排出される。
海や汽水河川から真水を1リットル抽出するごとに、1.5リットルの塩分濃度の極めて高い懸濁液(ブライン)が海洋や土壌中に直接排出される。
気付かなんだな、こんな問題が潜んでいるとは。
真水を1リットル抽出するごとに、1.5リットルの塩分濃度の極めて高いブラインが海洋や土壌中に直接排出される。
沿岸水域では海水温が上昇、それに伴い水中の酸素濃度が低下酸欠海域が形成される可能性
主に中東と世界に散在する約16000機の海水淡水化施設、真水上回る量の有毒物質発生  

沿岸水域では過剰な塩分が原因で海水温が上昇し、それに伴い水中の酸素濃度が低下して「デッドゾーン(酸欠海域)」が形成される可能性がある。
たしか
ハウステンボスは海水から水作ってますよね?
違ったかなぁ、、
海水の淡水化で濃縮された塩水が出るのはわかりきってることなのに、考えたことありませんでした。現実はそれ以上にまずいことが起こっているようです。
環境科学の学術誌「サイエンス・オブ・ザ・トータル・エンバイロメント」海や汽水河川から真水を1リットル抽出するごとに、1.5リットルの塩分濃度の極めて高い懸濁液(ブライン)が海洋や土壌中に直接排出
🔴
●世界の約4人に1人は年間の一時期に水資源不足地域に暮らし年間通し水不足に見舞われている人5億人(国連による)
●毒性高い物質ブライン(懸濁液)海洋や土壌中に排出
ブラインの半分以上が、わずか4か国から排出されており、それぞれの割合はサウジアラビアが22%、UAEが20.2%、クウェートが6%、カタールが5.8%となっている。
これやばいね。
>(海水から)真水を1リットル抽出するごとに、1.5リットルの塩分濃度の極めて高い懸濁液(ブライン)が海洋や土壌中に直接排出される。

世界で 1億トン/日 の真水が生産されているから、1.5億トン/日 のブラインが生成されていることになる。膨大な量が…。
これは厄介だな
やーなかなか上手くはいかないもんなんだねぇ(´∇`)
まー海に戻ったら心配ないレベルまで希釈されりだろ?w
ちょっと見出しではわかりにくいが、淡水化によって生まれたブライン(使用されない懸濁液)に有害物質が多く含まれ、それが自然に戻されると(海中に破棄されると)環境汚染につながるが、そのブラインが精製される真水よりも多い量生み出されるということらしい。
(下水もあまり海に戻らないのだろうか)ブラインの半分以上がサウジアラビア、アラブ首長国連邦(UAE)、クウェート、カタールのわずか4か国から排出されており... / 「酸欠海域」形成の恐…”
海水淡水化のかす・・・ブライン
『論文によると、海や汽水河川から真水を1リットル抽出するごとに、1.5リットルの塩分濃度の極めて高い懸濁液(ブライン)が海洋や土壌中に直接排出される』
『水中の酸素濃度が低下して「デッドゾーン(酸欠海域)」が形成される可能性』
良いと思ってやってる仕事が、良くない結果を引き起こしてしまうこともある。トライアンドエラー。人類はとりあえずやるしかないのか?AIならカオスな情報を処理して正しい答をくれるのか?
逆浸透膜で濃縮された塩類を海洋に戻すのは、環境に良く無いよなーと思っていたんだけど、副産物として汚染物質生成されるとはね。
うーん、確かに濾し出せば要らんもんは残るわけで、それを単純に海に戻すとバランス壊すわけで
人間ってつくづく刹那に生きてるなぁと。
これ、脱塩の方法によって差異ないのかね?
どの方法によっても少なくとも塩は残るしな。
論文によると、海や汽水河川から真水を1リットル抽出するごとに、1.5リットルの塩分濃度の極めて高い懸濁液(ブライン)が海洋や土壌中に直接排出される。
海洋学業界でブラインというと、海氷ができるときに出る高塩分水のことを言うけど、これからは人工ブラインも考えなきゃいけないのかな?
岩塩になるまで水分取り出して建材にでも出来ないか?
人間の集合全体で解決していけるといいね
きれいな水を得る変わりに土壌を汚染するか、水不足を許容して土壌を守るか……日本の頭おかしく技術革新を待つか、世界は試されている。
淡水化を行っているが主要国4カ国に限られているが、今後、気候変動等で乾燥する地域が拡大すると、主な水源が海になる可能性もある。新しい問題だな。
フランス発の記事。海水淡水化プラントのトップシェアは日本。これもゴーン絡みの嫌がらせ工作の一部なんだろうなあ。 →
@afpbbcom
年50立方㎞ 高濃度塩分以外に、淡水化の際に用いられる銅や塩素などで生物を殺す:AFPBB

@tim1134 @iwakamiyasumi
ほえー、まあ理屈考えると不思議でもないが...
結局、人類が本気で地球の事を考え且つ先端文明の益を得たいなら生活圏を地球上の10〜20カ所に集中させ極効率化させないと持たないと思う
今後の課題だね。
人間の生活を良くしようとすると必ずどこかにしわ寄せが行き、かといって水問題を無視はできない。
砂漠に水撒けば
「ブラインの半分以上がサウジアラビア、アラブ首長国連邦(UAE)、クウェート、カタールのわずか4か国から排出」
では民はどうすればいいのかね(´・ω・`)
まぁ信憑性がちょいとなぁ…
塩素はともかく銅を垂れ流していたとは。
塩のプラントを併設して塩分濃度だけでも下げられないのでしょうか?
へー。難しいもんだねぇ。。。>
ブライン(濃縮水)の量が多いとのことだが、濃度で議論すべきと思った。回収率はどれくらいの想定だろうか。

ただブライン放流も、巨視的な視野でシミュレートすべきだろう。
人って業の深い生き物だけど、ここまでとは…… ⇒
結構深刻な研究結果。1リットルの真水を作ると1.5リットルの有毒な懸濁液が発生し、環境に悪影響。
|AFP:
懸濁液(ブライン)は乾燥して産廃として処理すべきなんだと思うけど、それやるとすっごい量になるのかな? / News”
世界中に散在する1万6000か所以上の海水淡水化(脱塩)施設は、生産される真水よりはるかに多量の有害な汚染物質を発生させるとする、この分野の産業廃棄物に関する初の世界規模の調査結果が発表された。
“海や汽水河川から真水を1リットル抽出するごとに、1.5リットルの塩分濃度の極めて高い懸濁液(ブライン)が海洋や土壌中に直接排出される” これ、考えてみれば当たり前だったな。 / 「酸欠…”
お疲れ様です、未来研公式です。真水が潤沢に手に入る我が国は考えられない程、水問題に苦しむ地域が世界にはあります。目前のあり余る海水は飲めない。しかし、それを真水に帰ることが出来たら…確かに問題解決の一つですが、そのやり方が別の問題を産んでしまうようです。
『沿岸水域では過剰な塩分が原因で海水温が上昇し、それに伴い水中の酸素濃度が低下して「デッドゾーン(酸欠海域)」が形成される可能性がある。』ここの論理がわからない。
むむむ:
“環境科学の学術誌「Science of the Total Environment」に掲載された論文によると、海や汽水河川から真水を1リットル抽出するごとに、1.5リットルの塩分濃度の極めて高い懸濁液が海洋や土壌中に直接排出され…
以上

記事本文: 海水淡水化、真水上回る量の有毒物質発生 「酸欠海域」形成の恐れも 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

関連記事