TOP > 国際 > トランプ氏、マティス氏批判で同盟国に矛先 「付け込ませない」 写真5枚 国際ニュース:AFPBB News

トランプ氏、マティス氏批判で同盟国に矛先 「付け込ませない」 写真5枚 国際ニュース:AFPBB News

14コメント 2018-12-25 10:44 | AFPBB Newsキャッシュ

【12月25日 AFP】ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領は24日、シリア政策での不一致から辞任を表明したジェームズ・マティス(James Mattis)国防長官の批判を続け、今後は同盟国が米国との友好関係に「付け込む」ことを許さないと言明した。...

ツイッターのコメント(14)

“ 写真5枚 国際ニュース:AFPBB News”
>「われわれは世界中で、幾つもの非常に裕福な国の軍隊に対し、かなりの財政支援を行っている。同時に、こうした国々は貿易面でも、米国とわが国の納税者たちに付け込んでいる」とした。
アメリカ支配体制を確立するためアメリカが好んだ安全保障を今ごろ貿易とリンクさせて損得を語るのはズルい、もっと違うアプローチしないとアメリカのへの信頼が薄れる、元々派遣国の詭弁を盲信はしてないけど
「…非常に裕福な国の軍隊に対し、かなりの財政支援を行っている。…こうした国々は貿易面でも、米国とわが国の納税者たちに付け込んでいる」→トランプさんの意図するところには日本も含まれ、安部さんはこれからも言いなりになり続けるだろう
トランプ氏、…同盟国に矛先
そろそろ「アメリカが友軍でない場合の日本防衛戦略はどういうものか」を真剣に検討して震えておかなければならない気がする。
イエス・サー 地位協定を見直しましょう!
>「われわれは世界中で、幾つもの非常に裕福な国の軍隊に対し、かなりの財政支援を行っている。同時に、こうした国々は貿易面でも、米国とわが国の納税者たちに付け込んでいる」

独仏がEU軍構想始めた理由かな
韓国に対して「まるで物乞いのようだ!」って怒ってたもんね。
マフィアの思想…株価急落の意味も理解できず(`_´)༄
アメリカで株価が暴落している。政府方針の先行き不透明感が一因だと伝えられている。民主主義国では、不況のなか貧すれば鈍すで国民が愚かな指導者を選出すると、経済の衰退に拍車がかかりツケが返ってくる。アメリカはいま巨大なトランプ・リスクと戦っているのだろう。
「われわれは世界中で、幾つもの非常に裕福な国の軍隊に対し、かなりの財政支援を行っている。同時に、こうした国々は貿易面でも、米国とわが国の納税者たちに付け込んでいる」
安倍晋三にも言ってやれ。
以上
 

いま話題のニュース

PR