TOP > 国際 > 100年経っても「大胆すぎ」、シーレのヌード画ポスターに修正 写真4枚 国際ニュース:AFPBB News

100年経っても「大胆すぎ」、シーレのヌード画ポスターに修正 写真4枚 国際ニュース:AFPBB News

29コメント 登録日時:2017-11-17 14:18 | AFPBB Newsキャッシュ

【11月17日 AFP】オーストリアの表現主義画家エゴン・シーレ(Egon Schiele)の死後100年を記念した一連の展示会が企画される中、ロンドンの地下鉄などではシーレのヌード画がきわどすぎてそのままでは見せられないとの判断から、一部を隠したポスターが掲示される事態となっている。...

ツイッターのコメント(29)

個人的にはこの、シーレの100年経っても広告にできなかった件が好きですね
100年経っても「大胆すぎ」、のヌード画ポスターに修正
@100nen_ その絵は100年経っても大胆さを失わないだろう。
着エロみたいで滑稽すぎる笑
無修正を見たければ美術館に来いカモーンщ(゚Д゚щ)ていうことですね
この隠し方はうまいな。
エゴンシーレのポスターに修正入ったとのニュースを読んで、見たいと思っていたポスター。掲示直前になって陰部に白ベタ、「ごめんなさい、100年間経っても大胆すぎでした」。
来年はシーレ死後100年!オーストリアに行こう。
ちょっ… にしてもこの売り方はズルい!w
とはいえ丸出しよりもこのほうが集客力強いよね。隠されたら見たくなるのが人間だし。
なかなか上手い宣伝だなw
エゴン・シーレのヌードは、よくある「キレイ系」の裸と違って過激で直接的だから…
さすがに青少年も見ちゃうような公共の場所に出すのは控えてあげた方がいいと思う😓
もしかして „Selbstbefriedigung“ かと思ったが、別の作品だった。 /
ロンドンの地下鉄の文言は、気が利いてますね。修正します、だから見に来てね、という。日本だとどうなるだろう。日本でも見たいぞ、シーレ!
隠したら余計エロくなっちまった気がするんだ
「性の解放は人権侵害だから仕方ないね」、という21世紀的パターナリズムが「リベラル」を騙る時代。 /
@afpbbcom 隠してる方が絶対下品な感じだと思うけど……
「ウィーン市観光局は即座に、「ごめんなさい。100年経ってもまだ大胆すぎます」との文言で問題の箇所を覆う修正をポスターに加えた」
画像=ロンドンの地下鉄構内で撮影されたエゴン・シーレのヌード画のポスター(2017年11月6日撮影 ウィーン市観光局提供)
ぬぅ、どうしても見たければ美術館へ行けということか /
「ごめんなさい。100年経ってもまだ大胆すぎます」
・・・ただボカシを入れるだけじゃないところが可愛い。
シーレのヌード画ポスターに修正
多分シーレのエロは日本人はwelcomeだと思う。
萌絵に通じるフェチズムやポージングだと思うので
そう言えばヨーロッパだと萌絵もかなり反発くうらしいので
そーいうことか
コピーが秀逸/
まあ、シーレはそういう画家ですからね~。
逆に観に行きたくなっちゃうね。→
イチジクの葉が足りなかったのかな?
ダサいなぁ。
以上

記事本文: 100年経っても「大胆すぎ」、シーレのヌード画ポスターに修正 写真4枚 国際ニュース:AFPBB News

いま話題の記事