TOP > 国際 > 隠れキリシタン信仰、子孫に受け継がれる伝統 長崎 写真20枚 国際ニュース:AFPBB News

隠れキリシタン信仰、子孫に受け継がれる伝統 長崎 写真20枚 国際ニュース:AFPBB News

34コメント 登録日時:2017-01-16 14:00 | AFPBB Newsキャッシュ

【1月16日 AFP】長崎県平戸市生月町に住むコメ農家の谷本雅嗣(Masatsugu Tanimoto)さん(60)は自身をキリスト教徒だとは思っていない。...

Twitterのコメント(34)

【昨年の今日】「 長崎」 「隠れキリシタンの末裔として知られている人々は数百人しかいない」「多くの若者たちは数百年前に亡くなった信者たちをたたえる伝統を受け継ぐことにあまり興味を示していない」
マーティンスコセッシの映画でも「隠れキリシタンは得体の知れないものを崇拝する宗教になったから(弾圧は終わり)」みたいなくだりがあったが、こういうことなのだろう。
隠れキリシタン信仰というのがあるらしい。彼らが崇めるのはキリストではなくあくまで隠れキリシタン。迫害を受けながらの信仰と文化を継承しているという。しかしそのことを隠さずこんな取材を受けてしまってよいのかという素朴な疑問がよぎる。
なぜ和服?
ちょっと谷本さんちじゃないですかwww/
すごいなぁと思う反面、土着化しすぎてキリスト教ですら無いんだな。こういう信仰の土着化って欧米や中東の一神教徒からすると理解できないだろう。
遠藤周作原作の映画「沈黙」も悪かないんだろうが、日本のキリスト教事件簿で一番ドラマティックで神秘的なのはやはり日本26聖人のほうだよ。映画化するならこっちのほうがよかった。

長崎:
男だけか…そうだよな…
俺も思ってない;
「隠れキリシタンの文化をめぐっては、彼らの歴史が時のかなたに消え去ってしまわないよう、カトリック教会が率先して働き掛けるべきだという意見もある」ほう / “ 国際ニュー…”
まだ隠れキリシタンが続いてるのも驚異だが、山岳信仰と仏教が合体した修験道みたいに、キリスト教とは微妙に違うものになってるみたいだな。(;^ω^)    長崎
宗教なんて信じるようになったらおしまいだわ
ほら、これが「隠れ」と「潜伏」の違いよ。
単なる時代錯誤 /
…谷本さんらは、生月町の博物館「島の館」に集まってオラショを唱える。 オラショのルーツはキリスト教だ。しかし谷本さんは、多言語からなるこの祈りの言葉について、神やキリスト教の聖書に…
「オラショのルーツはキリスト教だ。しかし谷本さんは、多言語からなるこの祈りの言葉について、神やキリスト教の聖書に出てくる人物をたたえるためのものではないと説明する。」
 AFPBB
これ萌え萌え
こういう信仰のあり方は何と言うのだろう。
隠れキリシタンって、キリスト教(例:カトリック)からみたら異端というか全く別物の新宗教みたいなものに見えるんかなー
「多くの若者たちは数百年前に亡くなった信者たちをたたえる伝統を受け継ぐことにあまり興味を示していない」

我が家系では、祖父母の頃に、カトリックに完全移行。
消えるのは必然。
江戸時代には約4万人の隠れキリシタンが潜伏していた。「七代耐え忍べば、再びローマからパードレがやってくる」の予言があったけど、禁教下で信仰や教義が変わって明治にキリスト教への帰依を拒んだ人も多い。 / “隠れキリシタン信仰、子孫…”
長崎・平戸の生月島。一度行ってみたいところです。

オラショのルーツはキリスト教だ。しかし谷本さんは、多言語からなるこの祈りの言葉について、神やキリスト教の聖書に出てくる人物をたたえるためのものではないと説明
それは信仰なのか、単なる伝統なのか? 伝統行事だったら若い層に「文化的な意義があるからやってくれ」と言えるけど、信仰だったら、そうは言えないジレンマがあるな
伝えられてたとは!
--
学校で課題に指定される本といえばクッソつまらないのばっかりだけど、「沈黙」だけは心から読んでよかったと思った
@afpbbcom
隠れキリシタン題材と言うと諸星大二郎先生の「「生命の木」が浮かぶねぇ
スコセッシ『沈黙』公開前に良い記事です
『沈黙-サイレンス-(Silence)』は見とかなきゃいけない作品だな。フェレイラはどう描かれてるんだろう?
@afpbbcomさん
「マリア」の名前も何度か出てくるが、これは聖母マリアへの祈りではない。特定の神聖な対象があるわけではなく、どちらかと言えば、自分たちの先祖が対象なのだという。
以上

記事本文: 隠れキリシタン信仰、子孫に受け継がれる伝統 長崎 写真20枚 国際ニュース:AFPBB News

関連記事