TOP > 国際 > 仏紙シャルリーが地震風刺画、被災者を「ラザニア」扱い 伊激怒 写真5枚 国際ニュース:AFPBB News

仏紙シャルリーが地震風刺画、被災者を「ラザニア」扱い 伊激怒 写真5枚 国際ニュース:AFPBB News

380コメント 2016-09-03 07:48 | AFPBB Newsキャッシュ

【9月3日 AFP】仏風刺週刊紙シャルリー・エブド(Charlie Hebdo)が、先月下旬にイタリアで発生し300人近くが死亡した地震の被災者をラザニアなどのパスタ料理に見立てた風刺画を掲載し、イタリアで怒りの声を巻き起こしている。...

ツイッターのコメント(380)

死者を冒涜するようなことはどこの国だって批判される
それを表現の自由だとか芸術リテラシーがないと言い出すのは流石におかしいと思うけどね
68年の生き残りの相変わらずダサいセンスは世界共通なのか
まーたパリが燃えてしまうのか?フランス必死だな
(2016年)掲載されたこの風刺画では、血だらけで包帯を巻いた男性を「トマトソースのペンネ」、やけどを負った女性を「ペンネ・グラタン」、がれきの間に挟まれた被災者たちの様子を「ラザニア」と形容している / “仏紙シャルリーが地震…”
これは風刺じゃなくて不謹慎とか下衆っていうんじゃ
もう一回襲撃されてどうぞ
この件でパヨクが「ほら見ろイスラムは正しかった」とか言ってるけど、テロが正しいって事にはならんぞ(笑)
シャルリー売れてるから継続してるんでしょ。フランス人こうゆうの好きなんでしょ。大嫌いだなー。 →
遺族はもとよりイタリア人が怒り心頭になるのはそりゃそうだろうが、フランス人のユーモアなんてそんなもんでしょ。肝心なのは「ラザニア」ってのが面白いか面白く無いか(正直ちょっと面白かった)。/仏紙シャルリー・エブ土が地震風刺画
仏紙シャルリーが地震風刺画、イタリア激怒 この紙はただ売るために話題になるために、気持ちを逆撫でする言葉を用いてるだけじゃないんか。
この件はシャルリーが被災者を冒涜しているだけで、まるでセンスが感じられません。
私がギリギリのラインで揶揄するなら、
『シャルリーのセンスがあるメンバーはあの時テロリストに全員が殺られてしまったんだ!』
というところでしょうか。
もはや風刺ではなく、悪口。こういう新聞なんだな。
シャルリーの言う風刺する自由はわからなくもないんだけど、シャルリーの風刺ってセンス悪いよねぇ>
回教徒の人達にケンカを売ってた連中だし、まぁ、悪趣味大好きなんでしょうね。
仏紙シャルリーがイタリア地震風刺画、被災者を「ラザニア」扱い

ジョークや皮肉、風刺にも、越えちゃいけない一線がある。
本来、風刺って権力とか権威に対抗するためのもんで、被害者をイジるの風刺とは言わんだろー
やっていいことと悪いことくらいわかるだろうに…
なんじゃそりゃ・・
イタリア人民はファシストを吊るして奇妙な果実をこさえたんでしょう? ああ見てみたい。
風刺とは権力者を皮肉るもので、被害にあった弱者を貶めるものではないと思うが。これがフランス流のウィットなのか➡︎仏紙シャルリーが地震風刺画、イタリア激怒
こーゆーことするから。懲りなさすぎ。
こんなものは、風刺でもなんでもない。サイテーな人間達の集まりだ。/
これも備忘録として。 /
またフランスか……
フランスは福島の件もしたし、懲りない連中
…フランス国民の意見を聴きたいな。
「私はシャルリー」なんでしょ。
これを自由と言うのかね。
どこが風刺画なの?
イヤミでもなんでもなく、イタリアで人が死ぬような地震が起きたという事実に風刺するポイントがないのでシャルリーがやってることを「風刺画」って和訳するの間違ってないの?って思う。 / 被災…”
これを“洒落”扱いで肯定するなら、フランス人は蛮族だよ…
フランスならいつも通りだな
マジで今のフランスには価値を見いだせない。

リンク先要約: フランス シャルリ紙がイタリア地震での死者をペンネ、ラザニアなどと表現した風刺画を掲載、イタリア上院議長「表現には自由がある、ただしこの風刺画が最低だと言う権利がある」
《伊上院議長は、「風刺や皮肉を表現する自由」は尊重するものの、「私にはこの風刺画が最低だと言う自由がある」》 →
シャルリー紙はこんなクソみたいなものを出す為に自社から12人の犠牲者を出したのか、フランス人に我々はシャルリーだ、と擁護してもらったのか、その価値があるのか考えて欲しいね:
去年、本社が襲撃されたときにここはあらゆる権力・権威に対して攻撃的な風刺をするのが特徴、みたいな話もあったんだが、これはどんな権力・権威に対するものだったんだろうか。
テロられるのには理由がある
まさに因果応報なのに、未だにそれを理解できないって頭悪すぎ
仏シャルリー・エブド、 「イタリア風地震」との風刺画では、血だらけ男性を「トマトソースのペンネ」、やけど女性を「ペンネ・グラタン」、がれきに挟まれた被災者たちの様子を「ラザニア」と形容
シャルリーのはもはや風刺でも皮肉でもなくただの煽りや嫌がらせ。ネット上で創作として流れてるならまだいいけどこれを売り物にしてるんだから質が悪い
あまりに低俗なので、風刺画が掲載されてないリンク先を選びました。表現の自由は尊重されるべきですが、他人を侮蔑するような行為は私は受け入れられない。被災して悲しみに暮れている被災者を侮蔑。こんなものは風刺ではない。
どう風刺しようが表現の自由だが、人の不幸をネタに描くのは不快極まりない
我々が真に学ぶべきは、この言葉だと思う。基本、ここを踏み外してはならない→ 伊上院議長は、「風刺や皮肉を表現する自由」は尊重するものの、「私にはこの風刺画が最低だと言う自由がある」” / “仏紙シャルリーが地震風刺画、イタリア激…”
"「風刺や皮肉を表現する自由」は尊重するものの、「私にはこの風刺画が最低だと言う自由がある」" 冷静に激おこ / News”
それでも"Je suis Charlie" という人がいるなら人間性を疑う。
自社が襲撃されたことを風刺されたら激怒する人達がまたやらかしたようで。
”ピエトロ・グラッソ伊上院議長は、「風刺や皮肉を表現する自由」は尊重するものの、「私にはこの風刺画が最低だと言う自由がある」と述べた。” /  国際ニュー…”
私は週刊実話

仏紙シャルリーが地震風刺画、イタリア激怒
以前の件では「私ははすみとしこ」と掲げて練り歩いた訳だ。乾いた笑いしか出ない / News”
“ピエトロ・グラッソ(Pietro Grasso)伊上院議長は、「風刺や皮肉を表現する自由」は尊重するものの、「私にはこの風刺画が最低だと言う自由がある」と述べた。” / …”
"ピエトロ・グラッソ伊上院議長は、「風刺や皮肉を表現する自由」は尊重するものの、「私にはこの風刺画が最低だと言う自由がある」と述べた"この黄金の精神を見よ /  写…”
もっと見る (残り約330件)
 

いま話題のニュース

PR