TOP > 国際 > 鳥類の「賢さ」、小さな脳に密集する神経細胞が寄与? 研究 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

鳥類の「賢さ」、小さな脳に密集する神経細胞が寄与? 研究 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

27コメント 登録日時:2016-06-14 11:48 | AFPBB Newsキャッシュ

【6月14日 AFP】小さな脳を持つ鳥の「賢さ」に科学者らは長年、頭を悩ませてきたが、13日に発表された研究論文によると、鳥の脳には高い密度で脳神経が存在しており、そのことが霊長類と同程度の認識能力を持つことに寄与している可能性があるという。...

Twitterのコメント(27)

ところで我が家の小さなセキセイインコの知能や感情は小型犬にも比肩するように思う。

「オウムや鳴き鳥(鳴禽類)の脳には、同程度の大きさの霊長類に比べて2倍、ラットやマウスに比べて2~4倍の神経が存在しているという。」との事。
鳥の脳には高い密度で脳神経が存在しており、そのことが霊長類と同程度の認識能力を持つことに寄与している可能性があるという。
鳥は賢いですキリッ

「 研究」
この賢さ故の悩みもあるよね(ノ_<。)
昨日ペットショップにいたオオクチバシ、話しかけるとじっと聞いてる風だったし疑問形で話しかけると首かしげるし、言葉理解できてる?と思ったら・・・
CPU同様、鳥類が賢い理由は脳の密度が高いことにあるようだ。 空を飛ぶには微小化が有利だし。 --
なるほどね~子供の頃から鳥の頭の良さは謎でしたよ。
うちの鳥もかしこい😭
軽量化のための構造ってことかな?(´・ω・`)
こういうのが機械学習にも活用されると良いですね。
大きけりゃ良いと言うもんじゃない。要は中身の質の問題だよと言う至極尤もな結論。
うちのオカメは賢いけどどんくさいところが可愛い
「知性と神経の数との関連性は、強固に確立されてはいない。ただ、脳の大きさでははるかに上回る哺乳類より、同じ数の神経を有する鳥の脳の方が、重量毎の「認識力」がより大きい可能性がある」
高い密度の脳神経かぁ。なるほど。恐竜の末裔だものね
重量毎の「認識力」…どうもピンと来ませんが、脳の神経が密集してると有利になることがあるんでしょうか?
オウムさんは同サイズの霊長類に比べて神経細胞の密度が2倍ぐらいあるらしいよ →
オウムや鳴き鳥(鳴禽類)の脳には、同程度の大きさの霊長類に比べて2倍、ラットやマウスに比べて2~4倍の神経が存在しているという。
@rosarinn 鳥さんってやっぱりすごいんですね。
「コンゴウインコの脳はクルミ程度の大きさしかないが、レモン程の大きさのマカクザルの脳より、その前脳部分により多くの神経、もしくは脳神経細胞が集まっているという。」 / “ …”
鳥類の「賢さ」小さな脳に密集する神経細胞が寄与?
霊長類と同程度の認識能力を持つ可能性…
道具を作ったり使ったり、鏡に映った自らを認識したり、未来の必要性に向けて計画的に動いたりすることもできる
°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°
鳥類の「賢さ」、小さな脳に密集する神経細胞が寄与?:AFPBB 鳥の脳には高い密度で脳神経が存在しており、そのことが霊長類と同程度の認識能力を持つことに寄与している可能性があるという。
なるほどな〜。頂点と辺の数という複雑性がキモなのかな
神経がみっちり詰まってる模様。 / (AFPBB News)
以上

記事本文: 鳥類の「賢さ」、小さな脳に密集する神経細胞が寄与? 研究 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

関連記事