TOP > エンタメ > Niantic 川島優志氏,エクシヴィ 近藤“GOROman”義仁氏,そして水口哲也氏がVR/AR/MRの展望を語った。「XR Kaigi 2019」基調講演レポート - 4Gamer.net

Niantic 川島優志氏,エクシヴィ 近藤“GOROman”義仁氏,そして水口哲也氏がVR/AR/MRの展望を語った。「XR Kaigi 2019」基調講演レポート - 4Gamer.net

12コメント 2019-12-04 16:41  4Gamer.net

 Moguraは2019年12月3日と4日,VR/AR/MR(XR)分野に関心のある開発者・クリエイターを対象としたカンファレンス「XRKaigi2019」が東京・秋葉原で開催された。本稿では,12月...

ツイッターのコメント(12)

最近はXM湧いてないportal申請に容赦なく星1付けていくのがベテランプレイヤー道だってゆってた誰かが ( ̄ー ̄) /
。o0(「ネジを外すか外さないか。選択肢が出たときに,外すを選んだほうが楽しい」。
新しいものを創り出す秘訣かもしれません。
『 2019」基調講演レポート』
引き算のAR
発想がすげえ
>川島氏と近藤氏は,むしろリアル世界の広告を視界から消すノイズキャンセリング機能が必要とされるのではないかと述べている

近藤“GOROman”義仁氏,そして水口哲也氏がVR/AR/MRの展望を語った。
2019 Day 1 基調講演のレポート 2 本目!

基調講演の「XR作戦会議」というネーミング好きです。そしてこのお三方がそれぞれの目線でビジョンを語ったのはビジョナリートークに相応しかったです:D
ノイズキャンセルなどのdiminished reality 概念はゴロマン氏の本を読んでハッとしたところだった。
何かを減らしたり拡張したりで、もっとなにかを共有できる。
なるたけ自由で、でもゲーム性があって。それで楽しい未来になればいいなとおもってる。
ARは現時点で結構上手く乗れていて、進化も可能。VRは課題が多いから、そこをクリアすれば未来はある|
「ネジを外すか外さないか。選択肢が出たときに,外すを選んだほうが楽しい」
ネジのハズレっぷりには自信と定評がありましたが…w
解像度云々よりケーブルレスでPCVRが自然に動く世界が来ないことには。/ …
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR