TOP > エンタメ > [CEDEC 2015]アイデアの良し悪しは数値化できる。アイデアの「戦闘力」を計測する具体的な手法が語られた講演の模様をレポート - 4Gamer.net

[CEDEC 2015]アイデアの良し悪しは数値化できる。アイデアの「戦闘力」を計測する具体的な手法が語られた講演の模様をレポート - 4Gamer.net

14コメント 2015-08-28 18:30  4Gamer.net

 ゲームを作っていると,しばしば「こうしたら,このゲームはもっと面白くなるはずだ」というアイデアが閃くことがある。そうしたアイデアをうまく拾い,ゲームをさらに良くしつつ,開発者のモチベーションも高める...

ツイッターのコメント(14)

コンセプトに対してアイディアの基準を作るというのは、
俺にとってすごい役に立つ情報で、感謝したい。
@tanigox こちらこそ色々と刺激になりました。その時に話題になっていた指標はたぶんこちらです。 アイデアの数値評価の導入、といったものです。試した印象は過信出来ないが確かに有用、という感じでした。
質疑応答が面白い。今年のCEDECは質疑が盛んと聞くがエフェクトセッションでも確かにそうだった” ”
悔しいぐらい完璧にレポートされてる。
見出しで想像したよりずっと面白い方法論で合理的だった
おーなるほど。これはチームで何かやるための良い方法論だ
2015]アイデアの良し悪しは数値化できる。アイデアの「戦闘力」を計測する具体的な手法が語られた講演の模様をレポート…
是非この記事は見て欲しい。 現在のゲームにおける本当の意味での課題
キーコンセプト、およびそこから派生したキーフレーズにどれだけ合致するか数値的に評価することでプロジェクトの迷走を防ぐと。また、評価基準を作ること自体が、チームの意思統一に繋がる…ただし「遊び」も必要。 / “ 2015…”
面白い。でもソニックチームの話じゃなくてスプラッターハウスの話だった。/ -
個人的にも大変面白く聴講しました
僕のセッションを、なんと4gamerさんに 記事にしていただきました。感激です!
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR