TOP > エンタメ > 全盲のゲームクリエイターが作る「音だけのゲーム」。その制作者に“オーディオゲーム”の現状などを聞いた - 4Gamer.net

全盲のゲームクリエイターが作る「音だけのゲーム」。その制作者に“オーディオゲーム”の現状などを聞いた - 4Gamer.net

26コメント 2018-10-02 20:21  4Gamer.net

 東京ゲームショウのインディーゲームコーナーは,毎年一風変わった作品が何かしら出てくる傾向がある。今年もそれに違わず,「音だけでプレイする」ゲームが出展されていた。全盲のゲームクリエイターが制作したと...

ツイッターのコメント(26)

もうある!
全盲の方にとっては
UnityやUnreal Engineなどのゲームエンジンは
確かに使いやすくはなさそうですね。
なかなか難しいです。
@bakera @EzoeRyou >

> 日本で開発しているのは3~4人くらいですね。海外の英語コミュニティでは数十人規模で開発者がいて,プレイヤーは数百から最大で千人くらいの人がいます。
あとそのうち音だけのゲームも作りたい(まだ1本も作ってないのにどんどんハードルが上がっていく)
こちらは全盲のクリエイターが作られた音だけのゲームについての記事です。
📄全盲の日本人ゲームクリエイターが作る「音だけのゲーム」
感動した記事。
そして高級オーディオ売る販路がまた一つ出来るかもという悪い考え。
読んだ 確かに自炊していくしかない……
こういうの作りたい
ゲーム記事にすらロートル扱いされる世代となったか…
>古いゲーマーであれば「風のリグレット」を思い出すだろうし,
いろいろすごい
音と言えばリアルサウンドでしょうね。
風のリグレットが好きだったからオーディオゲーム市場がもっと発展して欲しいな
飯野賢治の発想は、20年先を行っていたのかもしれない。 / “20181002079”
あらゆる人がオーディオゲームを選択肢の一つとして考え、共通の文化とする未来が近いように思う
ほー、コレはコレで面白いなー!|
本気で感動した!!
東京ゲームショーで有名なブースしか行かなかった自分が恥ずかしい、、、
やっぱり『ゲーム』って様々な可能性を秘めてる!!!
そういうジャンルがあるのも知らんかった。最近ふと考えることに近くて興味深く読んでた。
全盲のゲームクリエイターが作る「音だけのゲーム」。その制作者に“オーディオゲーム”の現状…
音だけのゲームの開発コミュニティがあるなんて初めて知った。そしてそこで作られるゲームの大半が一発ネタという事で、ラウンジツクスレやVIPRPGなんかを思い出してみたり…w
東京ゲームショウのインディーゲームコーナーは,毎年一風
オーディオゲームか。なるほどその発想はなかった。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR