TOP > エンタメ > 4Gamer.net > Access A...

Access Accepted第571回:CIAが諜報員教育のためにボードゲームを使用 - 4Gamer.net

13コメント 登録日時:2018-04-09 12:54 | 4Gamer.netキャッシュ

 CIAが開発し,諜報員の訓練のために利用しているというボードゲームのルールブックが一般公開され,話題を集めている。世界的な情報機関が,訓練にゲームを使用しているという点が面白いが,さまざまなところに…...

Twitterのコメント(13)

「我々は,諜報員やスパイと聞くと,ついジェームス・ボンドやジェイソン・ボーンのようなスーパーエージェントを想像してしまうが,実際には,多くの職員が特定の分野に長けたオタクなのだという」
やはりというかなんというかRuhnke氏の名前が出てくるw 麻薬戦争がテーマですし、そうなりますわよね……
4Gamerの奥谷さんの記事で、CIAの諜報員教育用ボードゲームの話が紹介されてます。市民からの情報公開法に基づいた公開請求にCIAが応じて公開したんだとか。
諜報員の教材としては、確かにボードゲームは合いそうだ|
話のタネに遊んでみたいかも…w →
ほう、CIAもこんなものを。そしてamerica's armyはもう更新してないのか(´・ω・`)
リアル米ソ諜報戦かな?(✋ ˘ ω˘ 👌)
"CIAの作ったボードゲームに興味を持ったアメリカ市民が,FOIA(情報公開法)に基づいて公開を要求し,これにCIAが応じた" /
"「Collection」と,「Kingpin: The Hunt for El Chapo」という,これまでCIAの内部のみで遊ばれていた2つのボードゲーム" /
教育目的なのか広報なのかで変わるだろうけど、前者だと面白さはそこまで重視されなさそうな気がしますわね。 /
以上

記事本文: Access Accepted第571回:CIAが諜報員教育のためにボードゲームを使用 - 4Gamer.net

関連記事