TOP > 社会 > コロナで地方移住 、結局進まない理由 テレワークに悲鳴  都心マンションへ回帰

コロナで地方移住 、結局進まない理由 テレワークに悲鳴  都心マンションへ回帰

14コメント 2020-10-23 08:07  47NEWS

 コロナ禍で在宅勤務が広がれば、地方移住が進む-。地域経済の低迷、人口減少に悩む地方では、こんな希望的観測の下、移住者受け入れに向けたプロモーションに力を入れる自治体が相次いでいる。しかし、不動産市場...

ツイッターのコメント(14)

既に東京在住の家族の移住は少ないだろうが、弊社だとフルリモート体制になったので単身者の移住や、そもそも採用者がわざわざ東京に出て来なくなる事象は観測されてる。
通勤先オフィスが無いから全くその必要がない。

何年後かには都会でも少子化が始まるかもしれない。
テレワークが普及しないのは、メールより電話が好きな人が多い理由と同じだと思う。
テレワーク反対派のアナログおじさんの反撃だな。。

わざと足引っ張ろうとするから余計たちが悪い。

オンライン派は、オフライン派の屍の谷を乗り越えないといけない。
都民の考える地方移住の「地方」って、埼玉で言うとせいぜい飯能か坂戸か越ヶ谷あたりだと思う。
インフラが全く違う「地方」へ移住するメリットはないよ。都市部に準ずる郊外の方がメリットが大きい。
5chで見つけた記事。スレに誰の悲鳴だと書かれている様に、のっけから在宅を浸透させたくないためのやらせ記事に感じた。
在宅勤務であろうと出勤が必要であろうと、日常生活送るには買い物は欠かせないけれど、そうすると都心のマンションは便利だろう。
せいぜい郊外なら徒歩圏内にスーパーがあって便利。
慣れた生活は、なかなか変得られない。
出勤が必要な人間にとっては、電車が混むことは避けてほしい。
進むわけがない。不動産屋が土地を売りたいだけでしょ。
一気に進まないものの、「移住」ではなく、一時的に「移転」する代替先を検討しておくことは、この先に起こりうる危機には有効的

「47NEWS」
テレワークできる環境は、災害対策もあり絶対必要。でも、社内の多くがテレワークで業務できると言ってるのは、IT企業などそれを売ってるところ。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR