TOP > 社会 > 札幌の秀才中学生は、なぜ料理人を目指したか  進路指導の教員は「アイヌは受験させない」と言った

札幌の秀才中学生は、なぜ料理人を目指したか  進路指導の教員は「アイヌは受験させない」と言った

10コメント 2020-04-27 12:07  47NEWS

 店内に入ると、昆布の香ばしい香りが漂っていた。観光名所の「札幌市時計台」からほど近いアイヌ料理専門店「ケラピリカ」。アイヌ語で「おいしい」という意味だ。エゾシカのサッカム(干し肉)、サケのサッチェ ...

ツイッターのコメント(10)

以前、アイヌについて殆ど知らないな…と思い、割と蔵書数のある図書館で「アイヌ」のワードで数冊しか出てこず、それもコアな難しそうな本ばかりだったので、借りずに帰ったのを思い出しました。

札幌の秀才中学生。進路指導の教員は「アイヌは受験させない」と。
オハウ!オハウだ!と思ったけどそんなおいしそうなだけの記事じゃないです。タイトルでわかるか。

/
職場のすぐ近く。何度も行ったことあります。「ケラピリカ」。店主の今さん、わたしと5歳も違わない・・・
相変わらずスゲー💩な国だな。
バンコクではAINUと名を冠したレストランが何年も前から大人気だったりするから、彼らも💩日本人に囚われずにAINUとして世界へ羽ばたくのもいいのではないだろうか。
コロナ終わりに行きたいお店ですな。
ゴールデンカムイの功績って大きいよな。
酷い教師もいるものだ。札幌に行けるようになったら、この店は是非行きたい。今はこの店も休業中なのだろうか。
怒り。

アイヌ料理店。行きたい❣️
"観光名所の「札幌市時計台」からほど近いアイヌ料理専門店「ケラピリカ」…母ミエコさんは、アイヌ料理を提供していることを告げると、普段見せたことのない涙を流した。「ありがとう」。である母の涙の理由は、差別された過去だった"
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR