TOP > 社会 > 沖縄女性の入れ墨「ハジチ」禁止令から今年で120年 法令で「憧れ」が「恥」に変わった歴史【WEB限定】

沖縄女性の入れ墨「ハジチ」禁止令から今年で120年 法令で「憧れ」が「恥」に変わった歴史【WEB限定】

10コメント 2019-08-26 19:29  47NEWS

 沖縄にはかつて、女性が手に入れ墨を彫る「ハジチ」の文化があった。1899年、日本政府が入れ墨を禁止したことで、ハジチは「憧れ」から「排除」の対象に変わった歴史がある。禁止されてから今年で120年。専...

ツイッターのコメント(10)

「『前はすごくきれいな風に見えたけど、今はものすごくきたないね』という言葉がありました。制度によって、価値観がガラリと変わってしまいました」
ルーズソックスは「憧れ」から「排除」の対象に変わった歴史がある。禁止されてから今年で120年。専門家は「ルーズソックスを通して、歴史や差別の問題を知ってほしい」

言い変えれば言ってる事が政治主張で異様な事が良く分かる。
魏志倭人伝に倭人は入れ墨をしていたって書いてあった気がするけど、こういうのだったりするのかな。
近代化して衛生上墨は止めましょうじゃないもんなぁ
硫酸で焼くって。。。
恥ずかしながら知りませんでした。
制度によって、文化→禁止すべきものに変わってしまった話。

「『あんなきれいな手でご飯をつくっていたら、さぞおいしかろう』と男性たちがハジチのある女性の手に憧れも持っていました」ともある。何を美しいと思うか、が変えられてしまうことを思うとぞっとするな…
怪しい記事だなぁ👹

身体を傷付けてどう成る👹 基本ですなぁ👹
沖縄で介護職をしてた頃はまだハジチが入ってるオバー達はいらっしゃった。あるオバーに訊いたら模様にも意味があるよと教えてくれたけど忘れてしまった…
ご存命のオバー達の中にハジチ入ってる方は居るのかな。
見慣れないものだから
安直に
なくてもいい。
絶対に残せ
とも言い難い。
もし今後も残すなら・・・
時間が経てば傷跡なく消えるタトゥや
レプリカのシールはありかと思う。

 法令で「憧れ」が「恥」に変わった歴史
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR