TOP > 社会 > 【為末大の視点】学校単体から地域連携へ 部活動の新しい形

【為末大の視点】学校単体から地域連携へ 部活動の新しい形

14コメント 2019-04-09 15:11  47NEWS

  ここ数年で部活動の課題が明らかになってきた。一番の課題は教員の長時間労働の一因になっていることだろう。働き方改革が問われている。 スポーツ大会に学校名で出場するため、公式な学校の...

ツイッターのコメント(14)

・少子化で1校だけではチームを組めなくなっている。地域名やクラブ名での参加を認めよ

・グラウンドの開放は今の方法では教員への負担が大きい。地域クラブに管理を引き受けてもらえれば、負担も軽減される
大賛成! 陸王などは、地域スポーツのパイオニアになれるのでは?
高校サッカーやってて関わった人は同じ学校のサッカー部だけだったなーと

深くて一生の友人だけど、あまりにも外部との関わりが無さすぎたし薄すぎた。みんな同じ将来を描き、同じ思考で同じバックグラウンド
ふわふわした話。もうちょっと具体的な数字を使うなどして客観的な主張になってたらいいのに。
面白い視点。実際に現在、教員として部活の顧問をしている人はどう感じるんだろうか?
学校もまた地域のパーツであることを忘れないようにしたい。
部活出身者かつ輝かしい成績を残した方が、このような発信をしてくれるのは大変嬉しいです。
各都道府県単位より道州制の導入が急務である、今の日本を象徴する目線
部活動の運営を学校が担ってきた理由は時間的、物理的な制約が要因だと思う。

三児の父として、
ICTやMaasによってその制約が取り払われ、
時代に合った部活動のカタチになることを期待したい。
色んな複合的要素、課題があいまっているけど。今ある形は現状置いておいて、そこにマッチしない、維持できない部分は急を要するから機会創出、変革にどんどん着手したいですよね。
アメトークの運動苦手芸人並みの私からすれば、運動部は恐怖。指導や勝利へのプレッシャーが重すぎる…けど、こういうの実現したらな。子どもにとっても、教員にとってもいいんじゃないかな。
もしドラの高校野球マネジメントの本に似たようなこと書いてあったような
@daijapan氏の見解
少子化傾向だと、学校単位から地域単位のチーム編成になっていくのは必然。
今後は部活動が、スポーツ少年団ならぬ、スポーツ青年団化していくと予想。
そんな気がする。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR