TOP > ネタ・話題 > 2020年「堤防決壊ラッシュ」の危機! 全国で放置される「ダム優先、堤防軽視」の利権構造が日本を沈没させる - 社会 - ニュース|週プレNEWS[週刊プレイボーイのニュースサイト]

2020年「堤防決壊ラッシュ」の危機! 全国で放置される「ダム優先、堤防軽視」の利権構造が日本を沈没させる - 社会 - ニュース|週プレNEWS[週刊プレイボーイのニュースサイト]

19コメント 2020-01-04 08:29  週プレNEWS

『週プレNEWS』は、集英社「週刊プレイボーイ」運営のニュースサイト。男の好奇心を刺激する最新ニュースをお届けします!正月早々にこんな話をするのもなんだが、もはやこう言うしかない。「日本の水害は人災だ...

ツイッターのコメント(19)

今年の1月には、このように取材をしている方がいてる。

日本の利権構造が問題、みんなわかってるのになにもできない。
昨秋、連続で襲来した大型台風のみならず、年々ヤバさを増す日本の水害。その中でも「堤防の決壊リスク」についてリポートする。
堤防の強化こそが急務!
「日本における堤防決壊の7、8割は、川の水が堤防を越えることで引き起こされる…千曲川や鬼怒川で起きた決壊もこれが原因…」(石崎氏)
2020年「堤防決壊ラッシュ」の危機!
この記事は違和感がある。荒川自転車道をサイクリングして「堤防工事は果てしなく大掛かりで時間のかかるもの」という学びを日々得ている。横浜駅とかサグラダファミリアみたいな半永久的工事。
全国で放置される「ダム優先、堤防軽視」の利権構造が日本を沈没させる|週プレNEWS


異常気象が深刻化するなか、日本の水害は予想がつかないほど凶悪化しているが、国の治水政策はダム利権にからめ取られて、進歩がない。
建設省OBが命を奪ったと言っても過言ではない。#台風19 号 #西日本豪雨
利権構造は何とかならないのか?老朽化等で本当に必要なところに造れるようにするためにも。
ほんと国って無能w
こんな無能な国の機関が生き残ってる限り日本に未来はないなw
ほんと今からでも国外に脱出するか……??
「河床の土砂を取り除く掘削工事や堤防補強が万全であれば決壊は免れていたはず。ここに河川を管理する立場にある国交省に瑕疵があった可能性があります」
ダムは万能じゃないんだけどな。
年明け、こうした記事が目立つような気がします。自然災害、特に水害対策は喫緊の課題。住民も参画し地域を守っていく方向性を見出さなければなりませんね。
2020年「堤防決壊ラッシュ」の危機
全国で放置される「ダム優先、堤防軽視」の利権構造

「日本の水害は予想がつかないほど凶悪化しているが、国の治水政策はダム利権にからめ取られて、進歩がない。今年、昨年よりも凶暴な台風や大雨が襲ってくる可能性は低くない」
国と地方の管轄を跨いだりダムに比べて近くに民家があって反対運動が起きたりってのもあるから?

 全国で放置される「ダム優先、堤防軽視」の利権構造が日本を沈没させる(週プレNEWS)
堤防強化するとダムが不要になるから利権で阻止されるというストーリーはわかりやすくてたぶんそういう一面はあるんだろうけどもっと事例ほしい。
国民の命より土木利権が重要な自民党。
現在の河川行政の問題の本質を突く論考記事です。
是非、お読みください。
この写真のキャプション。
「決壊した千曲川の堤防は、その後周囲に鋼板を打ち込む補強工事が施工され、昨年10月30日に仮堤防が完成した」

おそらく、補強工事じゃなくて仮設工事。本工事堤防を補強しているわけではない。これ難しい勘違いしやすい。
日本の水害は予想がつかないほど凶悪化しているが、国の治水政策はダム利権にからめ取られて、進歩がない。今年、昨年よりも凶暴な台風や大雨が襲ってくる可能性は低くないし、もしそうなったら、このままではさらに多くの堤防が決壊するだろう。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR