TOP > ネタ・話題・トピック > 週プレNEWS > 黒染め強要に下着...

黒染め強要に下着の色チェック――驚くべき「ブラック校則」の理不尽な実態 - 社会 - ニュース|週プレNEWS[週刊プレイボーイのニュースサイト]

16コメント 登録日時:2018-10-20 18:27 | 週プレNEWSキャッシュ

『週プレNEWS』は、集英社「週刊プレイボーイ」運営のニュースサイト。男の好奇心を刺激する最新ニュースをお届けします!生まれつき髪の色が茶色い生徒が「黒染め」を強要される。「下着の色は白限定」で、違反したら没収される――。評論家、荻上チキ氏と名古屋大学大学院准教授、内田良氏の共編著『ブラック校則 理不尽な苦しみの現......

Twitterのコメント(16)

"なぜダメなのかを説明できない校則なんて廃止してしまえばいいのに。"

その通りすぎる。

- 社会 - ニュース|週プレNEWS[週刊プレイボーイのニュースサイト]
黒染め強要に下着の色チェック…「」の理不尽な実態:荻上チキ/サンドラ・ヘフェリン:週プレ

荻上「公平主義ではなく全体主義で相互監視…ルールから逸脱した人をリークして罰するという様な状況…これは教育として非常に不健全」
「黒染めを求めているわけではないのですが、外国にルーツを持つお母さんとしては、「確認されること」自体が不愉快。だって、「お子さんのホクロはいつからあるんですか?」とは確認しないでしょう。人の外見はすごくセンシティブなものです。」
改めて読んでぞっとした。クレイジーすぎる日本の校則。
こういう意味不明な校則にどれだけ従えるかで「いい子」かどうかが決まるなんてどうかしてる
←「発達障害の子供、セクシャルマイノリティの子供......「みんな同じ」からハミ出した子供がそういう学校に通うということは、差別される可能性を自ら選択していることになってしまうので」
今時、校則として残っていても下着や靴下の色で指導されることなんてそうないです。あるとしたら他の要因で明らかに素行不良で目を付けられてるから。髪の毛も自毛証明書を入学時にだせば問題ない。
諸外国の実例と比較して日本をディスる奴はたくさんいるけどその代わり諸外国は自己責任のルールや文化でしょ。そこが日本と違うと思うんだけど。
正直日本の学校は何もかも理解できない。  気持ちが悪い。  結局大学までどこも一度もハマれなかった。  未だに自分は間違ってないと思う。  [ ブラック校則はいじめの一因になる恐れ]
理由を説明できない校則は廃止すべきだ
男性教諭が女生徒の下着の色を注意‥
「本当にそんな校則存在するんですかね?あと自分たちで変えていくというのも教育な気がします。彼らにはそれだけの力がありますから。対等です。」
これだけじゃないよね。いじめ問題も(生徒が訴えていた筆記など)隠蔽、何か学校側が不祥事なことがあると隠す。先生の傲慢・態度の問題。含め変えていかないと平和な学校とは言えない
私が入学する3年前までうちの高校は天然パーマかかけたパーマかチェックするために水道に連れて行って強制的に髪を濡らして調べていたらしい。
天パーは濡らすとストレートになるかららしい。
校則対談!荻上チキさんと。【黒染め強要に下着の色チェック――驚くべき「ブラック校則」の理不尽な実態】
以上

記事本文: 黒染め強要に下着の色チェック――驚くべき「ブラック校則」の理不尽な実態 - 社会 - ニュース|週プレNEWS[週刊プレイボーイのニュースサイト]

関連記事