TOP > ネタ・話題・トピック > 週プレNEWS > 「おそらく発がん...

「おそらく発がん性がある」と世界中で規制が進むモンサント除草剤の残量基準値を、なぜ日本は大幅に緩和したのか? - 社会 - ニュース|週プレNEWS[週刊プレイボーイのニュースサイト]

29コメント 登録日時:2018-09-28 08:16 | 週プレNEWSキャッシュ

『週プレNEWS』は、集英社「週刊プレイボーイ」運営のニュースサイト。男の好奇心を刺激する最新ニュースをお届けします!モンサントの除草剤のせいでがんに? 先日、アメリカの裁判でその因果関係を認める判決が下された。日本でも普及するこの除草剤には発がん性があるとの指摘も。しかし、国は昨年末に残留基準...

Twitterのコメント(29)

脳にも影響しますから。
…厚生労働省食品基準審査課…名前は言えませんが、ある農薬メーカーから基準値を上げてほしいとの申請が…基準値の緩和要請…この10年間に5度…食品国際基準に合わせることも考慮…残留基準値を緩和…科学的な知見…健康に影響は出ないと考えています…

真に受けたら死ぬ
内容の是非はともかくとして、"原告のドウェイン・ジョンソン氏(46歳)" って(年齢も同じ) / - 社会 - ニュース
モンサントの除草剤のせいでがんに?
先日、アメリカの裁判でその因果関係を認める判決が下された。
日本でも普及するこの除草剤には発がん性があるとの指摘も。
しかし、国は昨年末に残留基準を緩和......。
いったいなぜなのか?
徹底追及した。
イエローモンキーは癌にして殺して俺らは儲けようぜの片棒担ぐお役人様→
ラウンドアップは除草剤としてホームセンターで死ぬほど売ってる。子供いるから自然系の除草剤だけを買うがなかなか効き目薄くてな。もうちょっとで手を出すとこだったわ。あれだけ売ってると良いものと思ってしまうわ。
>「昨年12月、厚生労働省はグリホサートの残留基準値を大幅に緩和しています。例えば、小麦で6倍、ライ麦やソバで150倍、ヒマワリの種子では400倍
2017年12月
厚生労働省はグリホサートの残留基準値を大幅に緩和。

日本のメディアではまったく報じられないこの内容の危険性とは。
この除草剤、先日使いました
こっちは規制緩和によるゲホゴホ、んん、あーあーw
「外圧ではないでしょうか。例えばアメリカでは小麦の収穫量を増やすために、収穫直前になってグリホサートをまくことが認められています。この方法ではたっぷりとグリホサートが残った小麦が出荷されますが、残留基準値が低いと日本への輸出が困難になるからです」
先日アメリカで発がんの原因になったとされ、多額の賠償金を請求された除草剤の話。日本では農家でも家の庭でも使われている事実。。。
規制に動く海外。逆行する日本・・・
国内の基準がヤバいのに「輸入食品を避けるのが対策」とは…?
「おそらく発がん性がある」と世界中で規制が進むモンサント除草剤の残量基準値を、なぜ日本は大幅に緩和したのか?(週プレNEWS)
"ある農薬メーカーから基準値を上げてほしいとの申請があった"💢
「日本ではラウンドアップ初代は特許が切れていて、ジェネリック品がホームセンターや100円ショップで安く売られています。」
知らなかった!こわっ!😱
国民が駆除すべきは➡ のパシリ安倍一味🔥 
♯玉城デニー
世界中の基準値よりも、自分の懐の基準値が大切なのが日本人って事なのは有名だよ。
世界中で.....
アンベも阿呆太郎も他政治家から官僚全てがね...
「モンサントの除草剤のせいでがんに? 先日、アメリカの裁判でその因果関係を認める判決が下された。」
グリホサートなんて今まで死ぬほど使ってるし、今から死ぬほど食ってるんだから、今さら止めてもしょうがない
ラウンドアップ を日頃から使っていて
運悪く使ってガンになってしまわれた方、
訴えて300億もらいませんか?
お金では癒えませんが😥
前例があるので楽な裁判だと思います。m(_ _)m
>発がん性が指摘されているのになぜ緩めたのか?
>「外圧ではないでしょうか。>この方法ではたっぷりとグリホサートが残った小麦が出荷されますが、残留基準値が低いと日本への輸出が困難になるからです」(印鑰氏)
最低の最低
除草剤のせいでがんに? 先日、アメリカの裁判でその因果関係を認める判決が下された。日本でも普及するこの除草剤には発がん性があるとの指摘も。しかし、
「おそらく発がん性がある」と世界中で規制が進むモンサント除草剤の残量基準値を、なぜ日本は大幅に緩和したのか?(週プレNEWS) ラウンドアップとは、ベトナム戦争で使われた「枯葉剤」を作ったモンサントが1974年に発売した除草剤。
グローバル企業に支配されてゆく日本の食。TPPの本質はここにあり、関税がどうだとかは副次的な問題。
以上

記事本文: 「おそらく発がん性がある」と世界中で規制が進むモンサント除草剤の残量基準値を、なぜ日本は大幅に緩和したのか? - 社会 - ニュース|週プレNEWS[週刊プレイボーイのニュースサイト]

関連記事